マイクロソフト自社開発の検索エンジン「MSNサーチ」が日本でも正式版にというニュースより。

MSNサーチは、50億以上のドキュメントをインデックス化しており、Web検索のほかにニュース検索や辞書検索、コンピュータ用語検索などのカテゴリ検索も統合した。

MSN サーチ

Yahoo! SEARCHもそうでしたが、検索画面は非常にシンプルです。検索結果もシンプルで、やはりGoogleを意識したものとなっていると言えるでしょう。ちょっと触ってみた感じでは、検索結果もYahoo! 、Googleと遜色のない感じです。

同時にデスクトップ検索ソフト「MSNサーチツールバー with Windows デスクトップサーチ」の日本語版も無料でダウンロードができるようになっています。

Googleの技術をYahoo! 、MSNが後追いしている印象をどうしても受けてしまうのですけど、そういう点からするとGoogleが一歩進んでいる感じなのでしょうか。

これ以上、新しい検索はできないよ、と思いつつもGoogleの引き出しからは次々に新しいものが登場しますし、検索エンジンがどんな進化を辿るのか、と思うと楽しみです。Yahoo! とMSNの独自進化に期待です。

■関連記事

MSN、検索エンジンを自社開発に、デスクトップ検索の日本語版も提供へ

MSNサーチは、従来の検索エンジンから、アルゴリズムを変更するなどした自社開発のものとなる。シンプルで見やすい表示画面となり、検索ボタン横のプルダウンメニューからWebやニュース、辞書、株価といった各種の検索を簡単に実行できるようになった。

MSN、ついに新たな日本語検索エンジンへ切り替え――デスクトップ検索も正式版に

エンカルタは、本来有料サービスの「MSN Premium」に加入しなければ利用できなかった。

新「MSNサーチ」日本語版、25日に正式公開 デスクトップ検索も

「MSN サーチ ツールバー with Windows デスクトップ サーチ」は、PC上のテキストや画像、メール、音楽ファイルなどを検索できるツールバー。