「にゃんにゃんにゃん、てんこてんジェイピー」のツカサがネット企業に?という記事。

今でもウィークリーマンションのイメージが強い。しかし同社は今、ネット企業に生まれ変わろうとしているという。

ツカサと言えば「ヨンヨン・マルマル・ワンワンワン」で、間違いなくウィークリーマンションのイメージなのですが、そのツカサがブログやSNSに参入し、ネット企業への転身を計ろうとしているんだそうです。

ということを、CMにも出演している川又社長がインタビューで答えています。

なんと、バブル崩壊で負債を抱え、ウィークリーマンション事業はリーマンブラザーズに譲渡済みで、そのため社名も「ツカサ都心開発」に変更されているそうです。転身どころか、既にウィークリーマンションの会社ではなかった、ということなんですか。

物件情報をネットで公開、家賃のオークション、ウェブ構築サービスに加え、今年はブログやSNSにも参入、さらにはパブリックジャーナリストによるネット新聞、出会い系サイトへの参入も見込んでいるそうです。

普通にネット企業じゃないですか。しかも、いろいろやっているネット企業。

「インターネットは本音の世界。“そんなバカなことはあってはならない”と思うようなことを、声を出し、変えていける手っ取り早いフィールドだと思う。本音から、あるべき世界の姿ができる」と社長。

いろいろ試しているツカサはどこに向かって行くのでしょうか?