価格.comのトップページが当社運営サイトに対する不正アクセスとサイト一時閉鎖に関してのご報告になっています。

株式会社カカクコム(本社:東京都文京区、代表取締役:穐田誉輝)では当社運営サイトに対する不正アクセスによりプログラムが改ざんされ、セキュリティ対策を施すためサイトを一時閉鎖したことをご報告申し上げます。

ブログラムに改ざんにより、価格.comを媒介として利用者にウィルスが無差別に送りつけられた可能性があるそうです。判明しているウィルスは「trojandownloader.small.AAO」「PSW.Delf.FZ」の2種類とのこと。

他にも、不正アクセスを通じて価格.comが保有するメールアドレスが閲覧された形跡があったそうです。なお「メールアドレス以外の個人情報等に関しましては閲覧された形跡はございません」と。

即時警察当局等とも相談し、24時間監視体制でサイト運営を続けながらプログラム改ざんの影響や対抗策、犯人の調査を続けて参りましたが不正アクセスは止まず、改ざんの範囲が拡大したため止む無く5月14日よりサイトを閉鎖しております。

サイトが閉鎖というのは穏やかではありませんね。利用者の多いサイトだけに、影響も大きいと思われます。