秋田県湯沢市職員のPCがウイルス感染、Winnyで11,255人分の個人情報漏洩という記事より。これだけ問題になっているのに、重要な場所でWinnyを使い続けるというのが不思議です。

湯沢市によれば、市町村合併協議会の担当職員がPCにWinnyをインストールして使っていたところ、Winnyをターゲットにしたウイルスに感染。個人情報を含むファイルがファイル共有ネットワーク上に公開されたという。旧湯沢市のWebページに設置されている掲示板への投稿から事態が判明し、湯沢市ではこの職員を11日付けで訓告処分にした。