スポンサードリンク

「Netflix」アメリカで4度目の値上げ

スポンサードリンク

「Netflix」アメリカで4度目の値上げ

月額課金の動画配信サービス「Netflix」が、アメリカで4度目の値上げをすることになったようです。料金改定は13~18%の値上げとなり、過去最大の値上げ幅となるそう。Netflixが米国でまたしても値上げという記事になっていました。

CNBCの報道によると、Netflixはベーシックプランの料金を月額8ドルから9ドル(約870円→980円)、スタンダードHDプランを11ドルから13ドル(約1200円→1400円)、4Kのプレミアムプランを14ドルから16ドル(約1520円→1740円)に値上げする。

スポンサードリンク

2018年8月には、日本でも2015年の参入以来初の値上げが行われました。「Netflix」が値上げ(値上幅は150〜350円)という記事を書いています。

その時の日本での値上げは次のようなものでした。

・ベーシック 650円→800円
・スタンダード 950円→1,200円
・プレミアム 1,450円→1,800円

今回のアメリカの値上げは次のようになります。

・ベーシック 8ドル→9ドル(約870円→980円)
・スタンダード 11ドル→13ドル(約1200円→1400円)
・プレミアム 14ドル→16ドル(約1520円→1740円)

いずれ日本でも再値上げが行われても不思議ではありませんが、値上げしても「Netflix」というのは、あまり解約に繋がらないらしいんですよね。

それだけ強力なオリジナルコンテンツがあるということなのですが。そして、その強力なコンテンツを作り続けるための値上げでもあるわけですね。

この発表を受けて「Netflix」の株価は上昇したそうです。

関連記事

【Netflix】「シドニアの騎士」を月額650円の標準画質(SD)で見てみた → スマホなら十分な画質‥‥というか、アニメ版シドニア面白いな!

【Netflix】「シドニアの騎士 第九惑星戦役(シーズン2)」睡眠時間を削る勢いで見てます

「シドニアの騎士」弐瓶勉のデビュー作「BLAME!」ネットフリックスで配信決定!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

Googleロゴ「ダリダ」に

次へ

【ジェットスター】宮古(下地島)も対象!国内線片道1,990円からの「スーパースターセール」開催中(1/21まで)