スポンサードリンク

火星と地球が大接近!(2018年7月31日)

スポンサードリンク

火星と地球が大接近!(2018年7月31日)

2018年7月31日に、火星と地球が5,759万キロメートルの距離まで「大接近」します。6,000万キロメートル以内に近づくのは、2003年以来15年ぶりのことだそうです。国立天文台が火星大接近2018というページを立ち上げています。

夜空で赤く輝く火星は、地球のひとつ外側を公転している惑星です。火星は直径が地球の半分ほどしかなく、地球から遠い位置にあるときには、望遠鏡を使っても表面のようすをなかなか観察することができません。しかし、火星はおよそ2年2カ月ごとに地球に接近し、観察の好機を迎えます。そして、その観望の好機が、2018年の夏に訪れます。2018年の夏は、赤く輝く火星に注目しましょう

スポンサードリンク

最も最接近するのが、2018年7月31日です。5,759万キロメートルという距離は「大接近」とも呼ばれるそう(ただし明確な定義はなし)。

火星大接近の夜。ぜひ、夜空を見上げたいものですね!

なお、2003年の大接近の際の距離は5,576万キロメートルだったそうです。

■関連記事

火星が15年ぶりに大接近「表面の模様観察できそう」:朝日新聞デジタル

空の条件がいいと、表面の黒い模様「大シルチス」や、白い極冠が望遠鏡で観察できる可能性がある。ただ、火星では現在、大規模な砂嵐が発生しており、模様が見えにくい可能性もある。

スポンサードリンク

前へ

iPad整備済製品が24,800円から

次へ

54時間のビッグセール「Amazonタイムセール祭り」8/1〜3に開催