スポンサードリンク

ネタリスト(2018/06/01 07:30)指紋認証を悪用した悪質広告が話題に

スポンサードリンク

指紋認証を悪用した悪質広告が話題に 広告タップ → 指紋認証起動 → 触ってしまうと週5500円の定期購入発生 - ねとらぼ

広告をタップしたところすぐに指紋認証画面が立ち上がり、スクリーンショットを撮るためにホームボタンに触れたところ、すぐに課金完了になってしまったとのこと。

B01KSZZCTK

スポンサードリンク

Skydioの新ドローンは自動飛行で自動車を空撮 | TechCrunch Japan

しかし高度な自動飛行テクノロジーのおかげで、従来はベテランのドローン操縦者でも困難だった曲がりくねって障害物の多い地形でも自動車をトラッキングして空撮できる。

ランチ難民救う、月額定額制のランチテイクアウトサービス「POTLUCK」 | TechCrunch Japan

ユーザーは30日間有効のチケットを月額料金で購入し、登録されている店舗の中から好きなお店を選んで事前にランチを注文。あらかじめ指定した時間に店舗まで足を運べば、行列に並んだりする必要なく食事を受け取れる仕組みだ。

Googleがアプリでじわりじわりと中国プレゼンスを拡大、今度はファイル管理のFiles Go | TechCrunch Japan

中国で‘Google 文件极客’と呼ばれるこのアプリは、ユーザーのファイルがストレージの容量内に収まるように、削除するファイルを提案したりする。そのほか、ファイルを見つけたり、インターネットを介さずにファイルをローカルなデバイスと共有する機能などがある。

白亜紀大量絶滅の“爆心地”、わずか3年で生命復活 - ITmedia NEWS

約6600万年前の白亜紀末に、恐竜など生物の約76%が大量絶滅する引き金となった、メキシコ・ユカタン半島への小天体衝突。直径200キロに及ぶ巨大クレーター内部を調べたところ、衝突後わずか2~3年で“爆心地”に生命が復活していたことが分かった。

悪質タックル問題でメディアが果たした役割とは - 西田 亮介|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト

背景にあるのは、やはりメディアの影響だ。つまるところ、メディアの「閾値(いきち)」を超えた、とでも形容できそうである。そうだとすると、本件はなぜ、メディアの閾値を超えたのだろうか。

元給食営業マンが給食会社シダックスのカラオケ事業の進出と撤退について考察してみた。 - Everything you've ever Dreamed

もし既存の物流ルート上に、食に係る事業を起こし、そこに納品すれば収益はあがる。その食にかかる事業がシダックスの場合はカラオケ事業だったのだ。

“殺害”されたはずのプーチン政権批判の記者 実は生きていた | NHKニュース

グリツァク長官は、バブチェンコ氏への殺害計画があるという情報があったため、バブチェンコ氏の身を守り、容疑者を特定するためだったと明らかにしました。

現地についたら背負っちゃって ― ミニベロを大事に運べる「耐衝撃輪行キャリングバッグ ミニ」 [えん乗り]

「耐衝撃輪行キャリングバッグ ミニ」は、自転車を取り出したあとはバックパックのような形状に畳めるのも特徴のひとつ。輪行バッグを背負って、手軽に持ち運べる。

『ダンジョンメーカー』は失敗続きのゲーム会社最後の1本だった。GameCoaster に製作背景と中毒性の秘密を聞く

実は、『ダンジョンメーカー』を開発する前に、同じようなコンセプトのゲームを8本つくり、8つとも失敗したために会社は危機にありました。 その中で、最後に我々が作りたいと思ったプロジェクトが『ダンジョンメーカー』でした。

スポンサードリンク

前へ

広瀬香美、事務所独立で旧事務所から芸名使用禁止を求められる

次へ

Amazonタイムセール祭り「Fire HD 8 タブレット」が33%オフ、SIMフリー「NichePhone-S」が40%オフ