スポンサードリンク

「青山ブックセンター六本木店」閉店し表参道の本店に統合へ

スポンサードリンク

青山ブックセンター 六本木店 閉店

青山ブックセンター六本木店」が、2018年6月25日をもって閉店することが発表されました。表参道にある「青山ブックセンター本店」に統合されるということです。青山ブックセンターからお知らせとして発表されています。

この度、38年に渡りお引き立ていただきました青山ブックセンター六本木店は、 6月25日(月)をもちまして六本木店としての営業を終了し、 表参道の青山ブックセンター本店に統合することとなりました。

スポンサードリンク

Twitterでも閉店を惜しむ声がたくさんありますが、リアル書店を巡る環境が難しくなっているのですね。

もともと1980年に六本木に創業し、2004年には民事再生の申立てを行ったこともありました。2008年に再び運営会社が倒産、そこからはブックオフの元で2度目の再建を図りました。

■関連記事

青山ブックセンター六本木店が閉店へ 38年の歴史に幕:朝日新聞デジタル

1980年に1号店としてオープンしたが、売り上げ減少のため、38年の歴史に幕を下ろす。センターの店舗は、渋谷区の本店のみになる。

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2018/05/08 07:00)富裕層の「アリペイ離れ」が始まっている

次へ

バラエティ番組の制作費はいくら?「池の水ぜんぶ抜く大作戦」1,000万円