「炎上」対策会社をネットウォッチャーが立ち上げた理由 - ITmedia NEWS

おおつねさんはこれまでウォッチャーとして炎上を楽しんでいるだけのように思う人もいるかもしれないが、実は炎上した事件の裏で、それが延焼しないように動いていたことが何件もある。

あなたの頭の中の言葉を読み取るマシンをMITのチームが開発、すでに確度92% | TechCrunch Japan

そのAlterEgoと名付けられたデバイスは、頭に、というより顎(あご)に装着する。そしてその電極が、神経筋の信号を読む。それにより、“頭の中の言葉”を読める、という。

大きさが1ミリ弱でエネルギーを光から得る撮像素子はカメラをどこにでも隠せるやばい発明 | TechCrunch Japan

今の世界に、これだけ大量のカメラがあっても、まだ足りないと主張する研究者たちが、今度は顕微鏡的サイズで電力を自給できるカメラを作った。

日本一有名なゲーム専門店“ゲームズマーヤ”が4月8日に閉店……35年の歴史に幕 - ファミ通.com

今回の閉店は、秋谷店長が昨年8月に倒れるなど、ご本人の体調がすぐれないことによるもの。医師からは、以前より仕事を辞めるようにアドバイスされてきたが、今年に入って担当医から「辞める日は決まった?」と聞かれ、「さすがに腹をくくりました」と振り返る。

セブン―イレブンが照準、“夜の客”を取り戻せ!

つまみでは冷凍食品で、手羽中甘辛揚げなどの「7Pおつまみシリーズ」を発売する。メーカーの協力で、容器の形態を統一。トレーを皿代わりに使えるようにした。

<ニホンカワウソ?>栃木・那須で足跡撮影 目撃情報相次ぐ(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

山田会長は「(足跡は)本物に近い形をしており、かなり期待がもてる。ニホンカワウソであることを突き止め、自然豊かな那須町を証明したい」と期待を寄せる。

キャッシュレス推進へ協議会、官民一体設立検討 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

キャッシュレス化が進めば、銀行や商業施設は現金を取り扱う手間が省け、その分のコストを削減できる。完全に移行した場合、国内での経済効果は10兆円に上るとされる。

新彊ウイグル自治区で大量収監 留学帰りの拘束も多数(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

同自治区では留学帰りの若者が「蒸発」していることが判明している。とりわけエジプト留学帰り、米国からの帰還者が理由もなく勾留され、当局に訪ねてもなしのつぶて、「再学習センター」などの収容所に拘束されていると推測されている。

新人とラーメン屋に行ったら自分の分だけ水を持ってきたので「先輩への心遣いも必要だよね」といったら「お水はセルフサービスです」と返された話が賛否両論 - Togetter

これを「水くらい自分で持ってこれない人」「そんなことも自分でできない人」「気遣いに甘えて人に持ってこさせようとするって人」としか捉えられない人もいるんだな、と勉強になりました。ありがとうございました。

「○○は体にいい!」研究は、企業が高値で仕込んでいた!|癒着を暴く「女戦士」が明かす企業の実名 | クーリエ・ジャポン

大手チョコレート会社は、過去30年にわたって多額の研究助成金を提供してきた。その結果、「カカオに含まれるフラボノイドが心臓や脳に良い」とか「ダークチョコレートが記憶力を増進させる」といった宣伝文句が、マスコミに報道されるようになった。