世界で最も優れた「映画学校」は、YouTubeにある──クリエイターたちの「解説動画」が開く新たな映像世界|WIRED.jp

YouTube映画学校では、なぜ小道具が重要なのかや、フォーリーサウンド(効果音)の働き(およびフォーリーサウンドとは何か)、1台のカメラで連続して撮影するワンテイクや、カメラをズームしながら台車を引いて撮影するドリーズームが視聴者の脳を乗っ取って何かを感じさせる理由などについて、新たな認識を吹き込んでくれる。

B000BKJF4Q

インテルは、いかに「1,218機のドローン」による光のショーを実現させたのか──平昌五輪、開会式の舞台裏|WIRED.jp

当初の予定では、インテルは平昌の開会式ではショーをライヴで実施する考えだったが、直前に「やむを得ない緊急の事情」のため断念することになった。だがインテルは、改めてライヴショーを実施する予定だ。300機のドローンを夜間のメダル授賞式で飛行させる計画という。

話すのが苦手な人のためのプレゼンの裏技テクニック|けんすう|note

なのでみんなの頭に残っている「次元を超える」という表現を使って、「とくに次元を超える話しはしません」というだけで、前の人をいじっていることになり、笑いやすくなります。

山本一郎が読み解く仮想通貨流出「コインチェック事件」の本質

NEM.io財団がいかに優れた技術者による善意の集まりであったとしても、選挙で代議士を送り込めるわけでもなく、名目上はどこの統治機能にも属していません。言うなれば、人々の代表でもない人たちが、技術的に可能だからといって誰かの資産を追跡できる仕組みが用意されている、というのが仮想通貨の難しいところです。

パソコン初心者の女子高生、「世界一おバカなパスワード」を思いつくの巻 (1/3) - ねとらぼ

って言うかさ、パソコンって不親切すぎない? セットアップが終わったと思ったら、ゴミ箱しかないって何よ? ほぼ空っぽだよ。これでいったい何をしろと。

錯覚を起こす人間の脳は「バカじゃない」 “意地悪な立体”を作り続ける錯視研究者・杉原教授が語る「目に見える物の不確かさ」 (1/4) - ねとらぼ

錯覚というのは、単なる勘違いではなくて、どうしようもなく起こってしまう、脳が持っている基本的な性質ですから、理性で回避できないんですよ。そうすると、ここは渋滞がよく起こるから、といって文字で看板を出して、「上り坂注意」とか「減速注意」とか書いても効果は薄い。

スポナビライブのラ・リーガ中継終了に伴う「チーム倉敷」としての見解(小澤一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

ではなぜどこもそこまで無理をして放映権を買いに行くのでしょうか。

 その問いについても倉敷さんは、「このリーグ、この大会の放映権を持っているという流通イメージによってパトロンから広告収入、銀行から融資を受けやすくなる」のだと説明します。

堀レッズの生命線「積極的守備」に自信!“浦和の太陽”が開幕への課題とするのは? (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

戦術の浸透に費やされた2次合宿にはもうひとつの狙いがある。今季は厳しい日程が待っている。そのため不測の事態に備え、堀監督は様々なユニットをテスト。柏木のインサイドハーフでは長澤和輝とともに、山田直輝とも組んだ。

ゼロックス杯で感じた寂しさ…Jクラブは賞金を内部留保しないで夢のある補強を! (週プレNEWS) - Yahoo!ニュース

もちろん、継続してチームを熟成させることも大事ではあるが、プロサッカークラブは「ファンに夢を与える商売」でもあるため、毎シーズン、目先を変えて彼らを飽きさせないという努力も重要になる。

空港の手荷物検査場でGLAYのJIROとTAKUROと私(メンバーでなはい)の三人が金属探知機に反応→その時体験したシュールな出来事 - Togetter

空港の手荷物検査場で、偶然GLAYのTAKUROさんとJIROさんと私の3人だけになり、全員金属探知機が反応して、全員靴を脱いで靴下の状態で一列に並ばされたこと。