イギリスのテレビ局も驚愕した日本の「国難レベルの人口減少」(現代新書) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

「2020年には女性の人口の半分が50歳以上の社会となる。それについては、出産適齢期を過ぎた女性が、日本の女性人口の半分を占めるという見方もできる。そうなれば少子化は一気に進むでしょう。機械的な計算をすれば、西暦3000年に日本の人口は2000人になると試算されています」

金融庁、無登録の仮想通貨業者に警告へ 監視を強化 (写真=ロイター) :日本経済新聞

警告を出すのはマカオに本社があるブロックチェーンラボラトリー。

仮想通貨「NEM」交換の日本人男性を聴取 TBS NEWS

これまでに、5億円相当のNEMが匿名性の高いインターネット空間「ダークウェブ」のサイトを介して、他の仮想通貨に交換された疑いがあることが分かっていますが、警視庁へのその後の取材で、このうちの一部を日本人の男性が交換していたことが分かりました 。

川崎-熊谷を縦断!JR唯一「石炭列車」の全貌 | ローカル線・公共交通 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

焼成工程で石炭を使用しているわけだが、1980年までは同工場でも重油を使っていた。重油から石炭へと変えた理由は、購買コスト以外にも輸送、貯蔵のしやすさ等の多角的検討によったという。また石炭であれば後述する石炭灰としての再活用ができる。これらのことから現状では石炭を重油などに変更する計画はないという。

仮想通貨同士の交換でも課税対象!税務署も把握しきれない驚愕の事実が!脱税する気がなくても,申告漏れになる人が多くなりそうな予感。 - 実録!平凡社員が1億円貯蓄を目指す奮闘記!

海外の仮想通貨取引所を介しても,日本に住む人は,日本に納税する義務がある。 仮想通貨同士の交換時,利益がある場合,その時点の価値で課税対象となる。

【追記あり】「下町ボブスレー」案件に見る日本の技術力の衰退と手段の目的化という本末転倒、質の悪さを棚に上げジャマイカに損害賠償請求も | BUZZAP!(バザップ!)

つまり、「下町ボブスレー」を名乗っていた大田区の「町工場の挑戦」は実際には自治体から多数の企業、そして国までもを巻き込んだ壮大なPRプロジェクトであり、ラトビアのBTCこそがヒュンダイ自動車すらも打ち破る文字通りの「下町ボブスレー」であったという、まさに大どんでん返しが待っていたことになります。

社員4人、大阪発「勝てるスキー板」 世界からオファー - 2018平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)- 五輪特集:朝日新聞デジタル

社員4人の大阪の会社が作るスキー板が、フリースタイルスキーのモーグル界を席巻している。世界中のトップ選手が愛用し、五輪では2002年以来、4大会連続で表彰台に登り続けている。

政治が生む分断。ある女子高生と父親の場合

マイクとリリーは、典型的な米国の父親と娘というわけではない。そんなものは存在しない。しかし連休中にアイオワ州北東部で2人に会った時、その関係は国全体の状態をはっきりと映し出しているように思われた。10代の娘とその父親が派手に繰り広げる意見の相違は、政治的な相違により余計大きくなっていた。

有名「女子校制服」、メルカリ大量出品の裏側 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

在校生には出品をしないように呼びかけ、サイズが合わなくなるなどして着なくなった中古の制服を学校側が生徒から買い取って、校内で再販売したり、制服を切られたりした生徒に緊急時に提供するため、保健室に置くなどした。

【注意】Amazonから黄色い封筒の感謝状?問い合わせたら「当サイトがお送りしたものではないことがわかりました」 - Togetter

謎の amazon 感謝状 。封筒のコード怪しいなぁ… コレさらすと悪意の送り主から個人特定・アカウント紐づけされるじゃね? スパムメールで そういう手法あったはず…