進化したすたみな太郎と今こそ向き合う - デイリーポータルZ

読んでいるだけでお腹いっぱいかもしれないが、まだお伝えしたいことがある。すたみな太郎、すたみな太郎NEXTに続く第三のすたみな太郎を紹介しなければならない。それがすたみな太郎NEOだ。

アップル、2018年登場の「iPhone」ではクアルコム製チップを不採用か - CNET Japan

今回の報道の背景には、AppleがQualcommに支払うべき技術ライセンス料の金額をめぐる両社の法廷闘争がある。

米英の大手銀行 仮想通貨の購入制限相次ぐ | NHKニュース

理由についてロイズ・バンキング・グループは「仮想通貨の激しい値動きのリスクから顧客を守るためだ」と説明していて、仮想通貨の売買で顧客が大きな損失を被ればクレジットカードの返済が滞りかねないことを懸念した対応と見られます。

27歳社長の素顔から黒幕まで「消えた仮想通貨580億円」5つの謎 | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

「S氏は、投資先2社を上場させた手腕で知られる33歳の敏腕投資家。大々的なCM戦略や、取り扱い銘柄を増やすなどの方針を決めたのは、S氏だ。セキュリティへの設備投資は、結果としてなおざりになってしまった」

仮想通貨 「取引所」、実は投資家  :日本経済新聞

仮想通貨を扱う会社は「取引所」と呼ばれる半面、事業の内容は証券取引所などとは異なる。顧客の売買注文を自己勘定で引き受けて利ザヤも稼いでおり、「投資家」の側面がある。

米国株、急落 ダウ1175ドル安で史上最大の下げ幅、調整局面入りとの見方 (写真=ロイター) :日本経済新聞

9年近く続いた米株式相場の上昇が「調整局面に入った」との見方が広がり、幅広い銘柄に利益確定や手じまいの売りが膨らんだ。航空機のボーイングや建機のキャタピラーなどが下落した。

吉野家がお詫び、ソフトバンク「SUPER FRIDAY」で - ケータイ Watch

吉野家の発表では、店舗周辺の交通渋滞の発生したことなどについて、「お客様ならびに地域の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪。次回以降は運営体制の改善に努めていくとしている。

吉野家コピペはパクツイか - 最終防衛ライン3

この2ちゃんねるのコピペを2ちゃんねる外に持ち出した場合は、やや微妙。コピペをコピペと認識できる文化圏ならばパクリと判断されないでしょう。ただし、現状では現状では吉野家コピペをはじめとして、多くのコピペがコピペとして認識されていないため、パクリと判断されてもやむを得ないと思います。

トヨタ 2兆4000億円の過去最高益へ 今年度決算を上方修正 | NHKニュース

トヨタ自動車は、今年度のグループ全体の決算を上方修正し、アメリカのトランプ政権が行う法人税の減税によって、最終利益が大幅に膨らみ、過去最高の2兆4000億円に達する見通しになったと発表しました。

会津、明治維新より「戊辰150年」 長州になお遺恨?|出世ナビ|NIKKEI STYLE

結果的に勝った薩長が官軍、負けた会津が賊軍となったが、長州も一時は賊軍だったし、会津が朝敵となったことはない。だから双方とも賊軍などと言ってはいけないのに、会津だけが長く賊軍の汚名を着せられた。そういう歴史の事実を消すことはできない。