私が料理のレシピをみないでも料理を作れるようにしてくれた、料理人三傑とそのバイブル本 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

様々な野菜や肉などの加熱が100度ではない温度の方が適温であり、特に、焼きではなく蒸し料理を多用することで、素材の味付けがシンプルでも美味しくなることをこの本を教えてくれました。

川崎がJ1初Vで証明した3つのこと(前編)  :日本経済新聞

地元に入り込むためにはよほどの方針転換をしないとダメだなと思ったのよ。それで『見えるところからやる』ということで最初にやったのが社名変更と他社からの出資。

任天堂という会社で何が起こっているかについて考察 | Nintendo Laboを見て - orangeitems’s diary

1つの会社において、複数の中堅社員がいて、その中堅社員に権限を持たせることができる会社が伸びると思います。たぶんにアップルでもスティーブ・ジョブズの亡き後、引き継いだティム・クックも調整型の社長で、優秀な中堅が今のアップルの隆盛を率いていると思います。

ダンボールとゲーム機の融合、NINTENDO LABOのここがすごい | N-Styles

そして、「Switchで忘れられた機能ランキング」があれば確実に1位を取るであろう「モーションIRカメラ」がニンテンドーラボにおいて最大の武器となっている。これが一番すごい。

「プロ野球離れ」はどこまで本当か? データで見るスターシステムの終焉 (VICTORY) - Yahoo!ニュース

平成もすでに30年経過。時代は変わった。オヤジ系週刊誌やタブロイド紙といった旧メディアで度々語られる“プロ野球離れ”のイメージというのは、“世間の巨人離れ”と同義語だと思う。

スタッフを1名雇い家賃7万円のアパートで漫画を描くために必要な金額|佐藤秀峰|note

作画スタッフに「残業代を支払え」「給料を上げろ」と言われて、支払える余力のある漫画家がまず少ない。「人並みの暮らしがしたい」「作画スタッフの給料を上げたいから、原稿料を上げろ」と言われて、原稿料を引き上げられる出版社がない。

ウナギを食べたい人たちの言い訳:日経ビジネスオンライン

前年比98%減の漁獲量に直面してなお、「今後に期待」している水産課職員は、おそらく、完全にウナギが絶滅するまでウナギの漁獲に期待し続ける設定の人間なのであろうなと考えざるを得ない。

行司の名前が「木村××」「式守××」ばかりの理由

江戸時代には全国に各流派の行司家があったが、現在まで残ったのが木村家と式守家だとされています。どちらの姓を名乗るかは入門した部屋次第。木村家が式守家の上位という序列でしたが、明治末期に両家の交流が始まった。

アマゾンが取引先に課している「冷酷な条件」 | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

書店に限らず、「いつもお世話になっているから」と取引先に気を遣い、義理人情をもってビジネス判断を下すのが日本の商慣習です。しかし、そんな平和な日本のビジネスの世界に、アマゾンが本気の資本主義をもって乗り込んできたのです。

アマゾンは危険で不便? アマゾンから楽天で買い物をする - デイリーポータルZ

アマゾンの現実がだんだんと見えてきた。アマゾンを甘く見てはダメなのだ。危険で不便で圏外なのだ。ただアマゾンの洗礼はまだまだ続く。我々の知らないリアルなアマゾンが牙をむくのだ。