地面に書かれた謎の記号から地下が見える - デイリーポータルZ

これには飛び上がって驚いた。地面に何も手書きしてなくても、Kが警察のマンホールであるという知識、新しいアスファルトが信号まで延びているという観察によって、地下にあるものが見えてしまうのだ。

他人からの評価が気になるのは、自分のことしか考えていない証拠である | アルフレッド・アドラー100の言葉 | ダイヤモンド・オンライン

自分のことばかりを考えている人、すなわち勇気を持てない人は、他人の評価を気にします。相手への貢献よりも、自分がどのように見られるかを気にするからです。勇気がある人は他人の評価を気にしません。誰からもほめられず認められなくても、自分が相手に貢献できていることそのものに満足を感じるからです。

55歳平田オリザさんに第1子 「普通の名前つけたい」:朝日新聞デジタル

記者から名前を問われた平田さんは、自身の本名オリザを踏まえつつ、「まだです。できるだけ普通の名前をつけたいです」と話した。

海から蒸発の水、宇宙に広がる 地球24万キロ先まで、初確認 - 共同通信

海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を立教大などのチームが超小型探査機で撮影した。

Twitterユーザーの呼びかけで正体判明! 謎の巨大観音像写真から始まった歴史ミステリーに「鳥肌立った」「集合知の勝利」 (1/3) - ねとらぼ

また、青島◯の担当者にも話を聞くと、つるまさんから問い合わせを受けた時は、まず「ネットの力」に驚かされたといいます。青島は現在、深刻な過疎化のさなかにあり、写真が撮影された当時は1000人以上いた島民が、現在はわずか213人に。そんな中、つるまさんの写真を見た島民たちは本当にうれしそうで、青島や観音像が島民にとって本当に大切な存在だったことをあらためて実感したそうです。

「アディーレは弁護士ムラの掟を踏みにじった」懲戒処分の舞台裏 | 弁護士業界 疲弊の真相 | ダイヤモンド・オンライン

皮肉なことに、アディーレの急成長を支えたのは、司法制度改革で解禁された広告と報酬自由化であった。

「なんだあの動きは?」「板岡錦だ!」 プリキュアがカッコよく動く、アニメーター板岡錦の世界 (1/4) - ねとらぼ

素人がバンク演出とか語っても陳腐になるだけなのですが、とにかく「画面から伝わってくる熱量」がとんでもなく高く、「たのしい、かわいい、カッコイイを子どもたちに届けよう」という思いの力を感じます。

一夜で変わった新潟呂比須監督の戦術に選手戸惑い - J1 : 日刊スポーツ

就任して初練習を行った5月16日、呂比須監督は厳しくボールを奪い合うことを要求した。試合形式でも最前線からプレスをかけて、カウンターを提唱。本来の「新潟スタイル」だった。それが翌17日に大きく変わる。「プレスをかけるな。自陣に引いて中盤と最終ラインでブロックをつくれ」

高額解約金商法で再炎上のピーシーデポコーポレーション、火消しIRで火に油 : 市況かぶ全力2階建

機器類の返却があったから21万が4万になったっていうけど、2年だか使って残価が17万円分も残るような機器を貸し出すというのは聞いたことがないし、そもそも解約手数料に4万いくらって高すぎじゃない?

関東にはないポテサラ入りのちくわ天が食べたくなったので自分で作ったよ - 田舎で底辺暮らし

そんなポテサラを縦に切れ目を広げたちくわに満遍なく入れて閉じて、天ぷら粉つけて揚げただけ。