藤井聡太四段(14)が2017年6月21日、大阪の関西将棋会館で行われた王将戦の予選で勝利し、自身の持つデビューからの連勝記録を28に伸ばしました。これは30年前に神谷広志八段が達成した記録に並ぶものです。藤井四段28連勝 30年ぶり歴代最多の連勝記録に並ぶという記事になっていました。

史上最年少で将棋のプロ棋士となり、公式戦で一度も負けていない中学3年生の藤井聡太四段が、21日、大阪で行われた対局に勝ち、連勝記録を「28」に伸ばしました。これで30年ぶりとなる歴代最多の連勝記録に並びました。

対戦相手は澤田真吾六段でした。こうなると、一体どこまで勝ち続けるのか‥‥ということに注目が集まりますが、次の対戦は6月26日とのことです。単独の連勝記録となるでしょうか?

藤井聡太四段の関連記事

中学2年の藤井聡太三段、史上最年少となる14歳2か月でプロ入り

藤井聡太四段(14)23連勝で羽生善治三冠の連勝記録を抜く

藤井聡太四段(14)、歴代単独2位の25連勝を記録

藤井聡太四段(14)、歴代単独2位の記録を26連勝に伸ばす

藤井聡太四段(14)、歴代単独2位の記録を27連勝に伸ばす