タイトルであおる「釣り記事」排除へ グノシーが対策:朝日新聞デジタル

グノシーは、満足度に加え、記事が最後まで読まれた割合などをもとに、釣り記事を見つける考え。将来的にはAIで釣り記事を排除できるようにする。

話題先行のベンチャー企業「UPQ」がハイスペックを偽り売った機器の収拾で謝罪とわずかな金員を提示(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

そこで、上記のような続発するUPQのやらかしを見ると「またか」と思うわけでして

忖度と揚げ足取りで日本は回る:日経ビジネスオンライン

別の言い方をすれば、「忖度」と「揚げ足取り」は、一対の相互補完的なしぐさなのであって、役人が「忖度」を仕事の中心にしていることと、マスコミが「揚げ足取り」を政治報道の柱に据えていることは、実は同じことであるような気がするのだ。

「オタ芸」訴訟:男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」 - 毎日新聞

田中裁判長は「オタ芸を迷惑と非難する意見がある半面、雰囲気を高揚させる側面もある」と指摘。ライブはかけ声を禁じておらず、主催者側にファンを退場させる義務はなかったと結論づけた。

「ラムしゃぶ寿司」が悶絶する旨さ!「金の目」のラムしゃぶ食べ飲み放題がガチで天国すぎた - ぐるなび みんなのごはん

まず第一の衝撃。薄切りのラム肉が舌の熱でスッととろけていく感覚がなんとも言えません。ルイベをすごく薄くしたような感じ。

キムタク&マツコ 高校同級生共演!テレ朝「夜の巷を徘徊」25年ぶり再会時の話も― スポニチ Sponichi Annex 芸能

「今回は木村拓哉と一緒に徘徊。高校時代に地元千葉で同じ学校の同級生だった2人。約25年ぶりに再会した時の話などで盛り上がる。そして、記念すべき初めての乾杯!マツコと木村さんは仕事やプライベートについてじっくりと語り合う」

うどん店に消防車で行った消防団員のなにが問題か 「別にいいのでは」で済まない理由

消防団員は、消防職員とは異なり、会社員など別の職業に多くが就き、災害の時に駆けつける。消防車は税金で走るため、私用で使うのは不適切。飲食店に立ち寄れば市民に「出動」などと誤解を招く恐れもある。

メルカリ、今度は"領収書"が売っていることが判明「天才すぎ」「何か問題なの?」 - Togetterまとめ

「メルカリで売れるもの」を考える能力も結構センスが問われるなと思った 領収書か、なるほどなあ…

「丸亀製麺」を巡るtwitterの論争―うどんのパチモンか、うどん好きの救世主か― - Togetterまとめ

・実は関西風

AKBにこれまで500万円金かけた結果→ | 2ちゃんねるスレッドまとめブログ - アルファルファモザイク

ただ利用されてただけって後になって気付いて本当に馬鹿だったって後悔してる 出来るならお金返してほしい