442275047X

愛知県の奨励会に所属する中学2年生の藤井聡太三段が、2016年9月3日に四段昇進を決め、史上最年少となる14歳2か月でプロ入りすることになりました。62年ぶりの記録更新となるということです。愛知の中学2年 藤井三段が史上最年少でプロ棋士にという記事になっています。

三段リーグは、上位の2人がプロとなる四段に昇段でき、藤井さんはこのリーグを1期で抜けて将棋界で史上最年少のプロ棋士となることが決まりました。

中学2年生でプロ棋士、まさに実力の世界です。三段になったのは2015年で、こちらも史上最年少記録でした。藤井聡太三段の「三段リーグ」の通算成績は13勝5敗で、リーグ1位。

将棋界で中学生でプロ入りを決めたのは、記録の残っている戦後ではこれまでわずか4人にすぎません。

次の4人です。

加藤一二三九段(昭和29年、14歳7か月)
谷川浩司九段(昭和51年、14歳8か月)
羽生善治三冠(昭和60年、15歳2か月)
渡辺明竜王(平成12年、15歳11か月)

それぞれ素晴らしい棋士となっています。藤井聡太さんの活躍も楽しみです。

加藤一二三九段のツイート

これまでプロ棋士の最年少記録を持っていた加藤一二三九段は、Twitterで喜びのツイートをしていました。