シン・ゴジラ 樋口真嗣監督がエヴァンゲリオンの盟友・庵野秀明総監督を語る「破壊しながら前に進む。彼こそがゴジラだった…」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

今回、想像で作った部分はほぼありません。たとえば、首相官邸の内部は非公開の部分が多いけれど、首相と海外要人の記念写真や政治家が不用意にブログに載せた写真などを集め、背景を解析して割り出しました。インターネットに、膨大な国家機密が漏洩(ろうえい)していたんです(笑)

490503308X

ラオックス、「平均客単価4割減」の巨大衝撃 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

強みとしていた独自のビジネスモデルも崩れ始めている。ラオックスは旅行会社に手数料を払い、団体の誘客を図っているが、中国人客は個人旅行へとシフト。

広告代理店の世界ランキング2016:電通と四強を脅かす「デジタル」の新興勢力 アクセンチュアやIBMがランクイン!|ビジネス+IT

デジタル広告事業のIT投資負担なども契機となって、経営規模の拡大を追求するようになった大手広告会社が合従連衡を繰り返し、現在ではメガ・エージェンシーは五大グループに集約されている。

ラオックス、「平均客単価4割減」の巨大衝撃 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

最後に(爆)という表現について書いておきたい。これは現在では絶滅した表現である。(笑)はギリギリ生き延びているが、(爆)は本当に見なくなった。

心霊映像は実はビジネスだった!――「マツコの知らない世界」きっかけに心霊番組が怖くなくなる人が続出 | キャリコネニュース

この動画の場合、制作予算は1万円だが、テレビ番組などで使用する際の使用料は2万円。一度使用されるだけで黒字になるため、動画専門の会社は「かなりボロ儲けをしている」という。

なぜ女子サッカー人気は一瞬で廃れてしまったのか!!?

勝てねぇからだよ

<竹野内豊>「庵野総監督の中に矢口と赤坂がいる」 映画「シン・ゴジラ」で首相補佐官役 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース

日本政府に対しても、国をまたいでアメリカなどにも気を使って作っていない。庵野さんと樋口さんがやりたいことの信念だけを貫いている。そういう部分がおそらく世界から注目されるんじゃないのかなと思います

ゴジラは「モナコ」と呼ばれていた エキストラが語る舞台裏

支部長「現場でスタッフさんは、ゴジラのことを『モナコ』と呼んでいましたね。『あっちから巨大生物モナコが来ます』とか『あそこにモナコがいます!』と。さすがに由来はわからないですが……」

シン・ゴジラと東京駅周辺の質量兵器群 - yosha-ki.log

「2027年のビルが建ってるからシン・ゴジラは近未来が舞台」って説があるけど、個人的な見解としては、あれはあくまで「現実」である2016年現在の日本を舞台にしてると思います。

劇中でゴジラが出現するのは11月3日の木曜日だけど、これは今年の暦と同じだしね。

デビュー15周年の森山直太朗、“二世”かつ“本業”以外でも活躍するのに嫌われないワケ | ORICON STYLE

それでいて「お前ヒマだろ」と小木に呼ばれておぎやはぎのラジオ番組に出演すると、即興でゲストの歌を作らされる無茶振りをされるが、真剣に歌を作り上げるというアーティストらしい一面も見せるのだ。

B01FUJN2LY