石野卓球「取材のたびに同じこと言わせるな!」 6年ぶりのソロ作発表のインタビューで… | 日刊SPA!

石野卓球:ああ、そうそうそう……で? 同じこともう一回言う? 読み上げるからサンレコ貸してよ。ええと「実際、派手めなアルバムを作ろうと思って連日スタジオに入って、毎日2~3曲作り散らかしていたんですけど――」(と、自分のインタビューを朗読し始める)。

Kindle Unlimited開始でKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)冬の時代が到来? 出版社が優遇され過ぎ:見て歩く者 by 鷹野凌

KDPは独占配信ならロイヤリティ70%ですが、そうじゃない場合は35%と半減します。その上、独占配信なら利用可能な無料キャンペーンが使えないし、オーナーライブラリー(プライム会員向け貸出)に追加できない上に、読み放題対象にもできないという、さらなる差別待遇が追加されたことになります。辛い、辛い、辛い。

ヤッホーブルーイング社長が語るどん底からの逆転復活劇 ヤッホーブルーイング 井手直行社長インタビュー|クラフトビールは生き残れるか|ダイヤモンド・オンライン

それは楽天市場、つまりインターネットです。「ネット」と言うと聞こえはいいのですが、実際のところ我々が楽天に頼ったのは、消去法でした。ブームが去った04年、我々は瀕死状態でした。小売店や問屋に営業に行っても門前払いで、流通経路がネットしかなかったのです。

「フリーランスはタダ働きしてはいけない」は本当なのだろうか|えとみほ|note

このタダ働きの肝は「取引先の選択肢を増やす」「複数のオファーを引き出す」というところであって、安売りセールではない。タッチポイントを増やすことによって、自分のポジションを「選ばれる立場」から「選べる立場」に転換することが重要なのである。

ロバート・ラングが全く新しい時代の折り紙を折る (TED) - Yahoo!ニュース

ロバート・ラングは新しい折り紙の開拓者で―数学と工学の原理を利用し、衝撃的に手の込んだデザインの、美しく、時にはとても有用な折り紙を作ります

ディープラーニングで福沢諭吉を勉強させたら、こうなった。 | QueryEye

原文と比較すると短文毎には「学問のすゝめ」と同一の文もある。だが文と文のつながりや構成がちがう。にも関わらず、納得感のある論理性や一貫性があるように見える。新しくなっているのだ。仔細にみていくと原文からクドさが削げ落ち、重要そうな部分がうまく接続され読みやすくなっているように見え、起承転結が構成されているように思える。

浦和の柏木がJ1通算300試合出場を達成 実質9年の道のりを振り返り「今が一番いい時期」 | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ

自分が良いプレーをした時より、ミスをした時の方が覚えているもので、あまり良いイメージの試合はないかな。150試合くらいは良くて、100試合くらい悪くて、50試合くらい普通だったかなと思う。生き生きサッカーしている時間が自分の良さを引き出してくれていると、ここ最近は常に感じているし、今はすごく楽しんでやれていて、余裕もあって、守備も頑張れる。

【河合貴子の試合レビュー】300試合出場の柏木「自分のためだけでなく、人ために動くことが出来たらうちのチームの良さは出る」 : 浦和フットボール通信

「足の裏の皮がむけた。ベロンんって前の方。砂が入ったのかなぁて思って残り30分ぐらいやっていた。あのまま良くやったかなぁって感じ。正直、凄く痛かった」

【J1採点&寸評】浦和×湘南|一瞬で試合を台無しにした湘南GK村山に最低点。浦和は“J1残留”決定、MOMは2得点のナンバー9! | サッカーダイジェストWeb

ペースを掴めなかったのは、立ち上がりだけ。西川のフィードから先制点が決まったあとは相手が意気消沈したこともあるが、常に主導権を握って試合を進めた。惜しむらくは2点目を奪った直後、前半終了間際の失点はいただけなかった。

元ヴァンフォーレクイーンのフリーアナウンサー・成田さやかさんが不適切ツイートを謝罪  : ドメサカブログ

地元&自分が関わっていたクラブとスポンサーをわざわざ腐す意味はなく、なんのメリットもないので、本当に言葉足らずだったのでしょう。