米ネットフリックス純利益55%増 4~6月、売上高28%増  :日本経済新聞

4~6月期中の動画配信サービス利用者の純増数は168万人と、前の四半期(674万人)から急激に伸び悩んだ。同社の事前予測(250万人)も大きく下回った。同社はこれまで一部の既存利用者に提供してきた割安プランを終了し新しい料金プランへの移行を進めている。

中国人の「爆買い」が急速に縮んでいる理由 | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

先日、爆買いを牽引した地方を含めた公務員やその家族の高級品の購買に対する自粛が密告などによる相互監視により、隅々まで浸透しているという話を中国政府高官から聞きました。

アングル:次世代ネット覇権に賭けた孫社長、ARM買収「成長余力」に期待

買収の先行きにある懸念のひとつは「中立性」だ。ARMの技術を採用したチップは現在、スマホやタブレットで圧倒的なシェアを誇るが、IoTの領域ではまだそこまでシェアを獲得していない。ソフトバンクに利益をもたらすチップが入ったIoT端末に、競合する通信会社が拒否反応を示せば、思い描いていた拡大シナリオが崩れる可能性も否定できない。

トルコのクーデターはなぜ失敗したのか

ところが今回のトルコのクーデター計画者たちは、実行に参加しない(戦車、ヘリ、そして戦闘機)部隊を活動不能にしておくことができなかったのであり、いざ実行段階になると、逆に軍の内部からの反発を強めることになってしまったのだ。

スペースX、ロケットの2回目の陸上回収に成功  :日本経済新聞

米宇宙開発ベンチャー、スペースXは18日、国際宇宙ステーション向け物資の打ち上げに成功し、さらに2回目となるロケットの陸上回収にも成功した。衛星の打ち上げ自体の成功は8回連続で、成功率は約93%となった。

イチローの打席でカージナルス捕手が見せた「粋な計らい」に称賛 - ライブドアニュース

イチローが打席に入り、場内から拍手が沸き起こると、モリーナはわざと立ち上がり、プレートの前の土を払うようなしぐさを見せた。そして、歓声が次第に大きくなる中、ゆっくりとホームベースの後ろに戻った。名手の一連の動作は、観衆がイチローに十分な喝采を送るだけの時間を作るためのものだった。

栗原類さんに聞く発達障害 「長い目で見る感覚が大事」:朝日新聞デジタル

そんな時、魚が主人公のアニメ映画「ファインディング・ニモ」を見に行きました。何でもすぐに忘れてしまう魚が出てくるので、「おもしろいね。何でも忘れちゃうんだね」と言ったら、母から「実は類もそうなんだよ」と。発達障害には、長期記憶があまり得意じゃない人もいるらしく、それで初めて自分が発達障害だと知りました。

映画「FAKE」に関する新垣隆所属事務​所の見解 | 新垣隆オフィシャルサイト | 応援団サイト

表現の自由が約束された私たちの社会において、映画制作をし、これを公に発表することそのものに対して、当社は何ら異議を唱えるつもりはなく、できる限り寛容でありたいと考えております。

ただし、事実と異なる劇中の虚偽や誤解を生じさせるような表現に対しては、当事者側として事実に基づく見解を述べる立場にあると認識しております。

ブラックバイトのLINEスクショが拡散され大炎上 テストでシフトに入れない学生に「意味がわからない。寝なければいいじゃん」 | キャリコネニュース

さらには「寝なければいいじゃん」「そのまま、5アップ後、勉強したらいいじゃん」という驚きの言葉を送っている。

これで16歳…リヴァプールの新星FW、驚異の「落ち着き」でまたもゴール

背後にはすぐDFが追いかけてきており非常にプレッシャーのかかる場面であったのだが、振りの小さなシュートで相手GKの逆を取り、見事追加点をあげた。まさに16歳とは思えぬ落ち着きである。