人生「まだいける」 九回裏大逆転に学んだ佐藤栞里さん:朝日新聞デジタル

仕事をしていると、諦めないこと、続けることの大切さを感じます。本番で失敗したり、面白いことが言えなかったりすると、へこみます。でも、「今まで頑張ってきた。その過程がある。それを自信に、次につなげよう」と考えられるようになった。

【コラム】Androidユーザーの私がiPhoneを薦める6つの理由 - iPhone Mania

数が多いのはアイテムだけではありません。なんと言っても、情報が多いのです。キャリアごとの差がなく、すべてのキャリアで購入できるのは、多くのユーザーから提供される、活用できる情報が豊富にあるということです。

TwitterでURLでのエゴサーチができなくなる。目的は何なのか?(篠原修司) - 個人 - Yahoo!ニュース

これにより人とつながりたくないユーザーは安心して自由なツイートができますし、エゴサーチ中毒の人はその病から解放されるというWin-Winの関係ができあがるわけです。一応は。

地球は「宇宙人がつくる動物園」であり、世界はシミュレーションなのかもしれない|WIRED.jp

タイソン博士はまた、惑星への移住を考えている人たちにも警告を行った。

「そんなことよりも、人類の滅亡を食い止めるには、地球に衝突しそうな小惑星の進路を変える、あるいは病気の世界的流行を阻止する方法を研究したほうが、はるかに重要で、コストも安く、簡単です」

6人死亡イケアのたんす…日本国内、企業任せの安全に広がる不安 専門家「北米だけの問題ではなく判断甘い」(1/5ページ) - 産経ニュース

消費者庁も「たんすなどの家具はイケア製に限らず、子供が上るなどすれば転倒する危険がある」と注意を呼びかけるに留まっている。

台湾最強のジャンクフード!? 台湾煮込みそうめん「麺線」が日本でもジワジワ来てる - みんなのごはん

麺線は一言でいうと「そうめんのような細い麺が、牡蠣やモツなどと一緒にカツオだしのきいた粘り気のあるスープで煮込まれたもの」

【経済インサイド】街からラブホテルがなくなる!? 政府が観光立国掲げラブホの一般ホテル化を後押し 平日稼働率4割だったラブホ業界は「渡りに船」だが…(1/5ページ) - 産経ニュース

そんな悩める政府の懐に飛び込んできたのが、今回のラブホ業界からの支援要請。宿泊施設が不足している都市部のラブホは、新宿や池袋などの歓楽街に多く立地しているが、いずれもホテルとしては一等地。海外から訪れる訪日客からみれば、「元ラブホ」という先入観は少なく、ホテルとして有力な選択肢だ。

女性3人に1人が「冷えのぼせ」正体は冷え症の悪化 |WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

冷え症に悩む女性は少なくないが、近年、冷え症を悪化させ、手足は冷えているのに顔や頭はボーッと熱くなっている“冷えのぼせ”の症状が目立っているという。

増田寛也「ほとばしる無能」を都知事候補に担ぐ石原伸晃&自民都連(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

重要なことは、少子化対策、教育、住居問題、耐震化、首都高の建て替えなど老朽化対応、そして高齢化といった、どれも予算の必要な問題に総花的でないメリハリの利いた政策の取捨選択を求められる状況で何をするのか、です。

PK戦のエンドの決め方 : とりあえず

EUROもノックアウトステージに入って、PK戦までもつれる試合も多発しております。 で、この大会から導入された新ルールにより、これまでは主審の一存で決まっていたPK戦のエンドについて、「コイントスで決める」ということが明文化されました。