35歳にしてアメリカ人であることが発覚した話 - デイリーポータルZ:@nifty

僕はこれまで、日本国籍を選択した時点で、自動的にアメリカの国籍は失われるものと思っていた。だが、どうもそれは違うらしいのだ。

福島の温泉施設「フラガール」リーダー30日退団へ - 社会 : 日刊スポーツ

モアナさんは、東京電力福島第1原発がある同県双葉町出身で、2004年にフラガールとしてデビュー。09年にはチームのサブリーダー、東日本大震災後の12年6月にはリーダーとなり、震災と原発事故からの復興の象徴となったチームをまとめた。

川邊健太郎×柳生一彦 動物園・水族館を支える陰の立役者が抱く野望 (1/6) | 夢中の深層 タイズプレゼンテーション

柳生:背中にワニを巻いて、その上からTシャツを着て、ブカブカのジャケットを羽織って「どうせ捕まるなら日本で捕まりたいな」と思いながらとりあえず金属探知機に反応するベルトとか財布をぜんぶ外して、後ろにワニを巻きました。そしたら、なんとか通れたんですよ。でも飛行機の中で座席にもたれたら、ワニがかわいそうじゃないですか。だからずっと中腰で座るわけですよ。

10代の投票率38・38% 福岡県うきは市長選 - 社会 : 日刊スポーツ

特別授業などを通じた啓発活動で現役の高校生らは積極的に1票を投じたものの、若者全体の関心は高まらなかったとみられる。

日本でおなじみのあるトイレットペーパーホルダー 海外に「すげぇ」「5000倍進んでいる」と衝撃与える - ねとらぼ

投稿されたのは、トイレットペーパーの芯を両側の出っ張りに引っ掛けるタイプのホルダー。出っ張りが跳ね橋のように上がるおかげで、下から新しいトイレットペーパーを押し込むと先にセットしていた芯が上へと押し出され、使用済みの芯の取り外しと新品の装着が同時にできる仕組みになっています。

都連が元知事らばかり擁立したい理由とは… - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ

結局言うことを聞かない政治家では困るということなのだろう。都民の事よりも物わかりの良い役人がありがたい。前都知事・舛添要一がかたくなに拒んでいたカジノ誘致も役人なら再考の余地が生まれる

ダッカテロ犠牲7人の遺体と遺族らが無念の帰国 - 社会 : 日刊スポーツ

神奈川県警などの合同捜査本部は遺体を司法解剖して死因の特定を急ぐとともに、刑法の国外犯規定を適用し、殺人容疑などで捜査する方針。

友人置き去りにせず犠牲 バングラデシュ襲撃テロ - 社会 : 日刊スポーツ

犯人らは他のバングラデシュ人と同様にファラーズさんの退出は許したが、外国籍の友人2人の解放は認めなかった。だが、人質になった後に店から逃げ出した人は「(ファラーズさんとみられる)若者が店を出るのを拒否したのを聞いた」と証言した。

海外でも日本のテレビを見られる「Slingbox」と「トラベルSIM」セット - ケータイ Watch

「Slingbox350 HDMI」は、自宅のハードディスクレコーダーに接続すると、外出先でスマートフォンやパソコンからテレビ番組が視聴できる製品。海外からの視聴にも対応し、渡航先で日本のテレビを視聴できる。

【石井紘人の審判批評】『槙野智章の一発退場』から新ルールを解説する(福岡vs浦和) - [J論 時事蹴論]

新ルールを分かりやすく言うと、一生懸命プレーするなかで起きてしまったペナルティーエリア内での得点の機会阻止に該当するファウルは警告というものだと思う。手を使ったファウルや著しく不正なプレーは一生懸命プレーする中での接触ではない。