ニューヨーク州上院、反Airbnb法案を通過 | TechCrunch Japan

もし法案が通れば、ニューヨークで30日以内の滞在をAirbnbに掲載した者は、最初の違反で1000ドル、3回目には最高7500ドルの罰金が科せられる。

「ツバメの巣は偽物だらけ」日本人で唯一の“ツバメの巣ハンター”に話を聞く - Excite Bit コネタ(1/5)

「マレーシアには全ての工程で一週間、ジャングルには二泊三日滞在します。準備は、安全靴、高性能ライト、あめ、食料くらいです。あとの道具は、現地の人に借りて行きます」

新規格Bluetooth 5、伝送速度2倍または距離が4倍に  :日本経済新聞

近距離無線通信規格Bluetooth(ブルートゥース)の仕様策定を進める団体Bluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)は2016年6月16日、最新規格「Bluetooth 5」を発表した。

「地震なんかないよ」で炎上した東森美和は、起業していた

昨年5月から芸能活動を制限。本格的に起業への準備を進め、昨年12月に法人登記をした。事業内容は、飲食店やアパレルなどの企画プロデュースなど。「昔からおもしろいことを考えるのは得意だった」と東森さん。

<希少ハチ>校庭に営巣、攻撃性なく見守る 三重の小学校 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

メスには針があるが、攻撃性がないことから、そのまま見守っていたところ、その後も毎年営巣を続けている。砂場は体育の授業で使用しているが、営巣の期間は穴を壊さないように保護している。

カルロス矢吹 青森巨額横領事件 チリ人妻アニータの近況を語る

そこがですね、ちょっと違ってまして。実は、チリの人たちは日本のこの青森の事件って全然知らないんですよ。

「一生懸命介護すれば理解される」JR認知症訴訟の遺族:朝日新聞デジタル

認知症の男性(当時91)が列車にはねられて死亡した事故をめぐり、JR東海から損害賠償を求められ、今年3月の最高裁判決で勝訴した長男(66)が12日、京都市内で講演した。公の場に初めて姿を見せた長男は、「認知症の人の家族にとって、画期的な判決だったと思う」と振り返った。

インド「掘ったら出てきたってレベルじゃねぇ」世界遺産クラスの発見、日本人の再発掘計画が開始 - マンセル遺跡:DDN JAPAN

実はDDNも昨年から数回インドへ渡り、現地取材を行ってるんだが、もうこれは取材がどうこうというより、圧倒的な"体感" として、すべての人々に体験して欲しいヤバイ場所だった。そのことについては後々追追語るけど

元雑誌記者が「文春記者の年収1000万円」は盛り過ぎと指摘 ⇒ この間違いは新聞記者がよくする勘違いだった - Togetterまとめ

文春に限らず一般的に週刊誌が言うスクープは「隠された事実を公にすること」ですが、新聞は拡大解釈して「いずれ公に発表される情報を他社より先に報道すること」に躍起になってる。これじゃ「スクープのための取材」をしてないのと同じです。

行動経済学は「運がいい人っているの?」という問いにこう答えた──話題の翻訳書、訳者が語る! 第3回『アリエリー教授の人生相談室』 | クーリエ・ジャポン

試す回数が多いからこそ、成功することも多いのだ、と。 たとえばバスケットボールで、100%確実なときにだけシュートする選手と、成功率は50%だがシュートする回数が格段に多い選手がいたとする。この2人を比べたとき、全体としてのゴール数が多いのは、後者だ。