「危ない!」の瞬間、スローモーションに見える――は本当だった 千葉大研究 - ITmedia ニュース

危険な画像の場合は、モノクロに見えるのに必要な時間が短くなった。これにより、危険な状況では、通常より早く視覚情報を処理できる可能性が分かったという。

MacOS Xの誕生はわりとゴタゴタしていた。 - 仮想と現実

コードネームRhapsody。NeXTのOS、OPENSTEPを少々手直しし、旧MacOSのソフトを動かすエミュレーション層のBlueBox、OPENSTEPそのもののYellowBoxが同居し、かつインテルx86版も登場する予定だった.(インテル版ではBlueBoxは動かない)。

際立つ「1強」、火種も 決断・増税先送り(ルポ迫真)  :日本経済新聞

5月28日夜、首相公邸。副総理兼財務相の麻生太郎(75)は激していた。「消費税は予定通り上げるべきだ」。安倍が首を縦に振らないと畳みかけた。「それなら当然、衆院解散をするんでしょうな。

タイ寺院 冷凍庫に子どものトラ40頭の遺体 - BBCニュース

国立公園・野生動物・植物保全局のアディソルン・ヌチダムロング副局長はロイター通信に対し、「なんらかの価値があるから、寺院はこれらを保存していた」と述べた。「なんのためかは私には分からないが」。

東京都議会の取材に行ったら「ネットメディアは報道ではない」と断られた話

議会はインターネットメディアを、報道として認識していない。

面白ければ結果はすぐ出る!?コンテンツマーケティングで失敗しがちな“思い込み”の罠 | ランボー 怒りのマーケティング

コンテンツ単体からの直接的・短期的なコンバージョンをやみくもに追いかけ(そして結果が出にくくて消耗してしまう)のではなく、ブランドに対する親密性・信頼・関係性を少しずつ築いていくコンテンツづくりをしていくという姿勢が重要です。

「ライターと連絡が取れない」とする架空の捜索記事でインサイドが謝罪 ステマではないかとの疑惑に「広告の出稿はない」と編集長明言 - ねとらぼ

記事はフリューのPS Vitaソフト「Caligula -カリギュラ-」の特集記事を寄稿したライターとの連絡が取れなくなったので探しているという内容。安否を心配する声とともに広告なのではないかと疑問視する声も広がり騒ぎが大きくなると、内川たまきなるライターは存在せず企画記事の一環だったと釈明した。

Spotifyが日本にやってくる やっと、やっと、やっと - ITmedia ニュース

音楽レーベル関係者によれば、すでにクローズドベータが開始されており、7月の国内ローンチが予定されているという。

岡崎がハリルジャパンにレスター流“超守備的戦術”導入を提案! : footballnet【サッカーまとめ】

うーん・・・

超守備的戦術というのは超優秀なストライカーがいてこそ初めて成り立つんだが・・・

チリでサーモンは大人気の高級魚!サーモン記事のここがデマだ! - サーモンガレッジ!

逞しい商売根性は見習いたいですが、ソースにもあたらない煽り記事で集客するのは感心できませんね。このように拡散されるコンテンツで集客をし、そこから販売につなげるのはネットビジネスの常套手段ですが、ある程度大きなメディアからの発信なんでもし世間の方が鵜呑みにされていると思うと少し心配です。