2016 05 02 0938 1

オリエンタルランドが、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの2020年度に向けた開発計画を発表しました。それによると、トゥモローランドの一部を閉鎖し「美女と野獣」エリアをオープン、さらに新アトラクション「ベイマックス」をオープンさせる計画ということです。

「美女と野獣エリア」となるのは「グランドサーキット・レースウェイ」や「スタージェット」一部の飲食施設、商品施設です。東京ディズニーランドの中でも古い施設ですから、思い切ってのリニューアルということになりますね。総投資金額は750億円の見込みです。

2016 05 02 0953

トゥモローランドには「ベイマックス」をテーマにしたライドアトラクションがオープン予定です。ベイマックスが見守るなか、軽快な音楽に合わせて予測不能な動きをしながら回転するライドに乗って、ゲストそれぞれの“ケア・ロボット”と一緒にハラハラ・ドキドキの体験を楽しむことができる1分30秒のアトラクションです。投資額は60億円。

他にもトゥーンタウンにミニーマウスのグリーティング施設がオープンしたり、東京ディズニーシーにはメディテレーニアンハーバーに、シミュレータータイプの大型アトラクションを導入する計画が発表されています。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーはここ数年はどんどん値上げしているのですが、2020年に向けてガンガン投資も行っていきます。【値上げの推移】東京ディズニーランド&シーが入場料を値上げ2016という記事も書いています。