脳みそから血が出るほど考える:糸井重里さん:日経ビジネスオンライン

お客さんに直接聞いても答えはないんです。なぜならお客さん自身は、未来の自分が何を欲しいのかわかっていないことが多いから。作り手から提示することが必要です。「これが欲しかったでしょ」って。そのために、自分自身に問いかけて「売れるに決まっている」ものを探し続けるんです。

なぜ「囲碁」だったのか。なぜ「10年かかる」と言われていたのか──AlphaGo前日譚 « WIRED.jp

チェスよりも単純なように思えるが、実際はそうではない。Deep Blueがカスパロフを打ち負かしていたころ、囲碁最強のプログラムは、素人を脅かすことすらできなかった。

たんぽぽ川村「見守って」TENGA社長と真剣交際 - お笑い : 日刊スポーツ

交際については「は、は、は、春が来たかもしれないです」とまだ始まったばかりのようだが

小林悠TBS元アナが初告白「私は適応障害でした」 | スクープ速報 - 週刊文春WEB

「スポニチ」はA氏には「結婚している女性がいたかもしれない」等と報じた。小林氏の異変に真っ先に気が付き、支えたのはA氏だった。現在A氏は独身であり、「大切な人」だと小林氏は明かす。

クジラ死骸の上でガッツポーズ…批判殺到、写真コンテストの賞取り下げ ― スポニチ Sponichi Annex 社会

最優秀賞作品が報道されて以降、批判や疑問の声がインターネット上で相次ぎ上がり、事態を受賞者の男性に報告したところ、男性から賞を辞退したいと申し出があったという。

プロ野球界の金銭やりとり続々判明に賛否両論の声 - 社会 : 日刊スポーツ

「開幕前に盛り下がってしまう」と残念がるのは、横浜DeNAベイスターズを応援する東京都大田区の大学生岩木達哉さん(26)。「選手は注目される存在。悪気はないのかもしれないが、自覚を持ってほしい」と強い口調で話した。

学生の「なぜ管理職は給与が高いの?」という疑問に回答した管理職の話。 | Books&Apps

プロスポーツ選手は、動かす構成員の数が少ないので、監督よりも選手のほうが重要ですが、会社のように大きな組織では監督のほうが遥かに重要なのです。

浦和、V請負人の日本代表シェフ同行“広州料理”だ - ACL : 日刊スポーツ

浦和は13年にもACLで広州恒大と対戦したが、現地警察の圧力で急に宿舎が変更されるなど、アウェーの洗礼を受けた。

FC東京 痛恨ドローも…視察ハリル監督は丸山&森重を絶賛 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

相手は今オフ、移籍市場で最多の125億円を投入した“爆買い軍団”。MFラミレスは出場停止だったが、移籍金65億円で加入し現在リーグ得点王のテイシェイラは13年コンフェデ杯の日本戦で得点を決めた1メートル91の長身FWジョーとともに先発した。

【徹マガ】「清水で仕事をするのは相当な覚悟がいるんですよ」 清水エスパルス社長、左伴繁雄の視線の先にあるもの - [J論]

ところが突然、清水から社長就任のオファーが舞い込む。決断まで1カ月ほど熟考したそうだ。理由は2つ。清水は日本で最も歴史ある「サッカーの街」であり、目の肥えたファンが多いこと。そしてサッカー経験のある地元経営者が多く、よそ者の自分を受け入れてくれるのに時間がかかると思われたこと。