B00OJF2UIC

亡くなった人の髪の毛、遺髪がオークションにかけられるそうです。その人はジョン・レノン。映画撮影のためにカットした毛束が、実際にカットした美容師から出品されるということです。ジョン・レノンの毛髪競売に 予想価格1万ドルという記事になっていました。

米競売会社ヘリテージ・オークションズは8日、ビートルズの故ジョン・レノンが1960年代に映画撮影のためにカットした毛髪の束が20日に米テキサス州ダラスで競売に掛けられると発表した。

落札予想価格は1万ドル、約115万円となっています。ジョン・レノンのファンであれば、毛髪は手に入れたいものなのでしょうか。既に切られてから50年以上が経過していますが、どんな保存状態なのかも気になるところです。

毛髪は約10センチ。レノンが第2次大戦を風刺する映画「ジョン・レノンの僕の戦争」(邦題)に出演する際にカットしたもので、実際に髪を切った美容師のコレクションからの出品。

個人的に気になるのは、ジョン・レノンのあずかり知らないところで毛髪がオークションにかけられるということで、これが全く問題にならないとなると、有名人の髪の毛をカットする美容師は、ひと財産‥‥なんて思ってしまいますね。

それともこれも有名税のようなものなのでしょうか。