2016 02 09 1202

注目を集めている時期なのに、なんたる脇の甘さ‥‥と思ってしまうニュースです。国会議員同士の夫婦で「育休を取る」として話題になった宮崎謙介衆院議員が、妻の出産入院中に自宅に若い女性を招き入れた不倫疑惑が報じられています。"育休議員"宮崎氏に不倫疑惑 妻の出産入院中、自宅に女性連れ込みという記事になっていました。

「育休議員」として注目を浴びている自民党の宮崎謙介衆院議員(35)が、妻で自民党の金子恵美衆院議員(37)が第1子出産のため都内の病院に入院している最中に、京都の自宅に若い女性を連れ込んだ不倫疑惑が浮上した。

最近、特ダネを飛ばしまくっている「週刊文春」が、2月10日発売号で報じるという話もあるようです。本人のサイトでは「長男誕生の報告」という報告がされていました。

自民党の関係者は「情報は把握している。本人にも既に事情を聴いている」とコメントしています。妻である金子恵美衆院議員も、出産を終えた直後の嬉しいタイミングに、このニュースは辛いですね。

仮に不倫ではなかったとしても、注目を集めている時期だけに、宮崎謙介衆院議員も気をつけるべきだったのではないかな、なんて思ってしまいます。

とはいえ、宮崎議員、加藤紘一氏長女と3年で離婚 その時も「女性問題が原因」なんていう話も出てきてしまったりして。

宮崎議員は、加藤紘一元自民党幹事長の長女の加藤鮎子衆院議員(36)と06年に結婚後、わずか3年で離婚している。

宮崎謙介衆院議員の女性問題が離婚の原因という関係者の証言がありますが、果たして本当にそうだったのか、はたまたスタンドプレーに対して印象操作がされているのか。本人の口から語られるのを待つしかありません。

追記:【育休議員】宮崎謙介衆院議員、妻の出産入院中の不倫疑惑を認めるという記事を書きました。

追記2:【育休議員】宮崎謙介衆議院議員、女性問題で議員辞職へ → 複数の女性と不倫していたことも明かすという記事を書きました。