人生は夕方から楽しくなる:作家・畑正憲さん - 毎日新聞

動物でも人でも食べ物でも、好きになると徹底的に究めたくなる性分を、「自分でも怖いくらいの愛情過多症」と呼んでいた。「熊とか馬とかを命がかかっちゃうくらい愛するんです。だけど70を超えたころから、ふーっとなくなったんですね」

アメリカで苦戦するユニクロ、原因は返品条件の厳しさか? | Fashionsnap.com

アメリカでユニクロは苦戦していると聞きます。日系の小売店はアメリカの商慣習をよく分かっていないようです。少なくとも日本にいる役員は理解できていません。アメリカでは着古した下着でも返品してくるのです。日本では考えられないような返品もアメリカでは常識です。日本で「それはおかしい!」と叫んでもアメリカでは常識なんですね。

おばさんたちはinstagramに来ないでほしい、とか、青春基地の話とか - ヨシオカの頭の中

この2つに通底するのって「自分達だけが心地よくつながれるネットの空間が欲しいだけなんだから、おじさんおばさんたちは入ってきたり口出ししたりしないでよ!」という意識だと思うんですよね。多分、なぜ批判的なコメントがいっぱい来るのか、本人たちは分かっていないんじゃないかな。いわゆるバカッター問題もこれに通じると思っています。

[Å] ScanSnap iX100 ScanSnap Cloudの設定方法とクラウドの便利さ | あかめ女子のwebメモ

読み取った紙が名刺なのか、写真なのか、レシートなのか、文書なのか、読み取ったものに合わせて振り分け場所を変えられます。全て同じクラウドやクラウドのどのフォルダに保存など細かい指定にも対応。

那覇にダイバートした台北発羽田行きピーチ・アビエーションMM1028便の機内で起きたこと : 市況かぶ全力2階建

荷物のように詰め込むだけ詰め込むから 荷物のような扱いでサービスが済むからこそのあのお値段。 安くていい物なんて存在しないわけで。

イラストにも流行がある!プロイラストレーターが意識する絵柄のトレンド | いちあっぷ講座

第一線で活躍するプロも、活動し続けるために流行を日頃から意識していることがわかります。常に最先端を研究し、ユーザーやクライアントが求めるものに適応し続ける努力が大切です。

森光子さん完走しました、仲間「放浪記」涙の千秋楽 - 芸能 : 日刊スポーツ

舞台公演で地方に長期間滞在したのは初めて。大阪では共演者と一緒に立ち飲みも初体験した。共演の村田雄浩(55)らが口をそろえて「仲間さんはタフ」と話すなど、心身ともに充実の日々を送った。

ベッキー「私も未熟…自分にカツ」ラジオで発言 - 芸能 : 日刊スポーツ

番組ではリスナーの悩み相談に「私も本当に未熟な人間なので、何かをお伝えする立場にないんですけど、決意表明が大事。自分の言葉で動いていく。ごめんなさいね、私がこんな…。自分にも活を入れてみました」などと答えた。

内山麿我の浮気に妻「文春さんに売ったろか」と警告 - 芸能 : 日刊スポーツ

妻は内山に対し、「(浮気相手の連絡先を)消してくれたらもう過去の事とやかく言わない。私の怒りも0に戻す。また1から始めよう」と譲歩したが、「それでも彼は嫌がりましたよ。なんなら、浮気してた事に対しての謝罪なんかない」とのこと。

【THE REAL】13年目の覚醒へ…元祖怪物・森本貴幸が新天地フロンターレで抱く期待感と危機感|CYCLE サイクル やわらかスポーツニュース cyclestyle.net/

かつての自分を取り戻し、さらにスケールアップさせて「覚醒」した大久保と同じ軌跡が森本にも期待される。同時に、数々の最年少記録がもたらす呪縛から解き放たれるチャンスでもあると、前出の関係者は力を込める。