SMAP「解散」から軟化、木村きっかけに対立緩む - ジャニーズ : 日刊スポーツ

事務所側は「解散ありき」で騒動の着地を考えていたが、世論の反響の予想以上の大きさに驚いた。これまで光GENJIなど多くの人気グループの解散やタレントの独立を経験してきたが、今回の反響はその比ではなかった。

SMAP「ジャニーさんに謝った」空中分解は回避 - ジャニーズ : 日刊スポーツ

「皆様と一緒にまた今日から、いっぱい笑顔を作っていきたい」。そう話した香取は最初から涙目で途中6秒間沈黙。言葉を詰まらせる場面もあった。

国分太一「『良かったですね』とは正直言えない」 - ジャニーズ : 日刊スポーツ

この会見を見て、『なんだったの?』『どうしたかったの?』『何が言いたかったの?』っていう声もあると思います」とファンや視聴者の反応を汲み取り、自身も「『良かったですね』とは正直、言えない部分も僕は感じました」と語った。

秋葉原"少女売春が放置されている街"の真実 | 街・住まい | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「一方、秋葉原は暴力団にカスリを取られない上、中心街を除けば家賃が安く、独身男性客を集めやすい。実店舗を構える場合も、秋葉原の中心から離れて神田須田町や末広町ならば取り締まりも比較的緩くなり、風俗営業許可も取りやすいため、”秋葉原”のブランドを使って外郭地域でビジネスをしやすいのが理由だろう」

100年前の条約はまだ生きていた。オランダ大使館で聞いた日本人が知らない特権 | ライフハッカー[日本版]

そして、裁判の中で松風館側の弁護士が展開したのが、1912年に締結された日蘭通商航海条約を根拠として「オランダにおける日本人の労働許可取得は必要ない」という主張でした。この主張が認められて、松風館は勝訴しました。

「またボールが蹴りたい」 脳梗塞で倒れた木村和司はつぶやいた - みんなのごはん

倒れる前は、たくさん食ってたし、たくさん飲んでたもん。監督1年目のときから。あんときは甘い物欲しいというかね、普段飲んだことなかった甘いコーヒーとか甘いジュースとか欲しくなって、自分でもおかしいと思ったもん。何で飲むんじゃろうと思ってたら糖尿病にかかってた。

爆買いが生み出した新ビジネス、「代購」に走る在日中国人 | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

希望の商品を購入し、中国へ送ることを何度も繰り返しているうちに、「これは商売になる」と確信。4年前から本格的に「代購」(代理購入)、つまり代行ショッピングを始めた。

前園氏、交際中の女性ダンサーと今年中に「けじめ」 - 芸能 : 日刊スポーツ

「あまり伸ばしても仕方ないし、けじめも付けないといけないので早いうちに。早いと言ったら2、3年ではないですよね。暖かいほのぼのした時期がいいかな」

【浦和始動】「誰も知り合いがいない」京都から加入した駒井善成が、最初にコンビを組んだ相手は… | サッカーダイジェストWeb

駒井は小学生時代に京都府選抜チームでともにプレーした経験のある宇佐美から「本物のドリブラー」と絶賛されたことがあるという。しかし駒井は宇佐美について、「ライバルだなんて、本当におこがましい。彼がリップサービスで言ってくれているだけのこと。(J1で戦うのは初めて)僕はまず結果を残してから」と謙遜する。

ゲスの極み乙女。初オリコン1位、不倫騒動追い風? - 音楽 : 日刊スポーツ

不倫騒動後もバンドの活動は順調のようだ。