B00NOCJIUY

Oculus Riftを子供が使う機会はそうそうないと思いますが、3Dの映画なら可能性はありますね。あ、3DSもそうだ。例えばOculus Riftには13歳以下は使用禁止といった制限があるのですが、その理由を医学的見地から説明した記事が話題になっていました。なぜ13歳以下の子供は、Oculus Riftを使用してはいけないのか?医学的な見地からの警鐘 | MoguraVRです。

ここでは例としてOculus Riftを挙げていますが、この記事の内容は立体視を使う二眼(レンズが2つある)VRデバイス全てに共通します。Oculus Riftだけでなく、PlayStation VR、HTC Vive、Gear VR、Google Cardboardなど二眼のデバイスを使う際は十分ご留意ください。

記事では立体視細胞の形成と瞳孔間距離から、13歳以下の子供が二眼のデバイスを使うべきではない理由を説明しています。立体視細胞の成長は、6歳くらいまでかかるのだそうです。

ちょっと怖いと思ったのは「赤と緑のセロハンで立体感を出すアナグリフを使って3D映画を視聴した4歳の子供が、3D映像を見てから目が内側に寄ってしまった」という事例です。これは急性内斜視で、手術が必要になったとのこと。

また、瞳孔間距離も10歳頃に完成するそうで、こうした理由からOculus Riftは13歳以下の使用を制限しているということです。

最近は3D映画も増えていますが、中学生になるまでは2Dを見せようと思いました。興味のある方は、ぜひ元記事をご確認ください。