NHK朝ドラ「まれ」にイラッとする人の目線 | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

なにやらまとめサイトのようになってしまったが、ようするに、まれ自身が、ひたすらパティシエ道に邁進するのかと思いきや、あっちに行きこっちに行って、話の整合性はなく、たまに思い出したように「世界一のパティシエになる」と言い出したかと思いきや、なにかのコンクールに出場するという、「地道にコツコツ」とは真反対の生き方に視聴者の批判的な声が集まっている。

「iPhone 6s Plus」先行レビュー:3つの高速化、現行Plusユーザーこそ欲しくなる1台 - CNET Japan

iPhone 6s Plusを、iPhone 6 Plusのバックアップからセットアップして1週間使ってみたところ、アプリを切り替える際の再起動がほぼなくなった。これはA9プロセッサのメモリが1Gバイトから倍増していることに起因しているとみられる。

新型「iPhone 6s」を12日間使ってみた(石川温) - 個人 - Yahoo!ニュース

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」では地味ながらも指紋認証センサーが高速化された点も気に入っている。実際に前モデルと比べるとわずかながら反応が速いだけなのだが、iPhoneを使う度にロックを解除するだけに、ちょっとでも速いとうれしかったりするものだ。

新操作“3D Touch”がもたらすもの:iPhone 6sシリーズ実機レビュー - 週刊アスキー

単なるタッチやフリックだけでなく「画面を押し込む」という操作により、スマートフォンの操作性がさらに向上したように思える。3Dタッチを併用することで、スマホはさらに使いやすく、便利になるのではないか。そんな期待を抱かせてくれる進化だ。

新型iPhoneを2週間使い続けて体感したこと | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

期間が短く詳細なテストをしているわけではないが、これまで、平均的な仕事の日で、1日の終わりに10%ほどのバッテリー残量となっていたが、iPhone 6sでは20%を下回る日はなかった。

クールな新色で秋冬の最もホットなアイテムに:Apple Watchの真の実力が開花する――「watchOS 2.0」を林信行が解説 (1/5) - ITmedia PC USER

米国のサンフランシスコなど、世界の一部の都市では、Siriで経路を調べれば、電車やバスの乗り継ぎ方法を教えてくれるようになった。早く日本の経路情報にも対応してもらいたい(来年、横浜にアップル社の研究所ができたら、こうした日本向け機能がもう少し充実するのではないかと期待している)

リンクではなくキャプチャ - 若年世代の「シェア」で問われるメディアの生き残り戦略(朽木誠一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

リテラシーが高い層であれば、作り手側に利益を生まないこのようなシェアが浸透すると、そもそもコンテンツが供給されなくなるとわかるかもしれません。しかしこのような判断がつくようになる前からスマホが当たり前になっている世代に、それを教えることはできるでしょうか。

酒は友だち、酒場は学校 酒場詩人、吉田類・上:朝日新聞デジタル

「酒はいい友だちです。酒場? 場所にもよりますけど、コミュニケーションを学ぶ学校かな。宮尾登美子さんがそう書いてたんだけど、僕もそう思う」

東村アキコ氏「ヒモザイル」ってどうなの?というツイートまとめ - Togetterまとめ

バリバリのワーカホリックぶりも含め、わりと「オヤジ」な感覚というか昭和なノリというか、そういうところがあるひとだなというのはタラレバ娘でも感じてたのですが、こちらもそういう面が強くでてますね。

レッズ武藤雄樹の正体「ストライカーとしての師匠は、佐藤寿人」|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|J Football

「そうなんです。寿人さんは、自分が大学生(流通経済大)のときからの憧れの存在で。それこそ大学時代、自分の方向性を見失ったときに、寿人さんのプレーを見てヒントを得たというか」