佐野氏エンブレム、永井氏「しょうがなく了承」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

永井氏は1回目の修正案をその直前まで知らされておらず、最終案についても「(発表の)1週間くらい前に知らされ、国際商標を取ったというので、いまさら何を言ってもしょうがないと思って了承した」という。

火災フェリー修復へ 年明け運航目指し、函館で - 産経ニュース

火元となった車両甲板や電気系統に損傷はあるが、エンジンに大きな損傷はなく、同社は修復が可能と判断。フェリーの新造では運航再開が数年先になるが、修復なら早期再開を目指せるという。

鈴の音情報局blog 鳥人間コンテスト、往復40キロを余裕で飛びたければ空力を捨ててパイロット重視の機体にしろ

実は私は何年も前から、いくつものチームにアクセスを取り、 距離を飛ぶにはパイロットの居住性を重視して、空力を捨ててでも動力源のエンジンでも あるパイロットの冷却と酸素供給を最重要に考えたコクピットを作るべきだと情報提供を していました。

日本の技術者が警告!  中国の「原発」は必ず大事故を起こす 設備も作業員も超いい加減だった | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

重ねて言うが、われわれは今回の天津の大爆発で、中国の沿岸部がいかに危険と隣り合わせでいるかを改めて思い知った。その危険地帯に原発を量産していく中国と、東シナ海を挟んで繋がっているということを忘れてはならない。

広末涼子スリムなママです 第3子長女出産から復帰 - 芸能 : 日刊スポーツ

出産後、取材陣の前に姿を見せたのは初めてで、冒頭司会者から「復帰おめでとうございます」と声を掛けられると「ありがとうございます」と笑顔。

興梠、追加点奪えず「スペースなかった」 - 日本代表 : 日刊スポーツ

1トップの岡崎と交代で後半33分から出場した。いきなりDF長友の左クロスに飛び込んで惜しいヘディングシュートも放ったが、追加点は奪えなかった。

原口途中出場「7分間でも結果出さないと」 - 日本代表 : 日刊スポーツ

日本代表MF原口元気(24=ヘルタ)は、かつて所属した浦和の本拠で、6月のシンガポール戦に続き途中出場した。

[Ingress]古典落語をIngress風にアレンジ 立川こしらさん「いんぐれす寄席」 - 産経アプリスタ

大人数でデジタル地図上に絵を描く「フィールドアート」に参加したら午前2時に集合することになった、モーレツ系のプレイヤーから理不尽なことを言われた…などなど、Ingressをやり込んでいる人なら共感できる体験を面白おかしく話すと会場は笑いの渦に包まれました。

人生をかけた実験を始めます

元がかなりのデブスだからこそ、周りの人々の態度の変化も如実に実感できるのではないか、これは相当面白い実験となるのではないか!? …降りてきた、神が。 よし、痩せるしかない。美しくなるしかない。決めた。

DAIGOが「サザエさん」に引導!?ワースト視聴率で露呈した“磯野家の限界” | アサ芸プラス

じつは『サザエさん』の危機は少し前からささやかれていました。数年前までは世間のどんな状況にも関わらず、確実に20%台を叩き出していたお化け番組。ところがここ1、2年は10%台前半も当たり前という、普通のアニメ番組に落ち着いてしまっていたんです。