2015 08 30 0908

mixiの大人気ゲーム「モンスターストライク」が、AppleのApp StoreからBANされるという大変な事態に陥っていたのですが、問題に対応し無事にApp Storeに帰還しておりました。BANされている最中は課金もできなかったということで、これで「モンスターストライク」ファンも一安心ですね。

【悲報】モンストがAppleからリジェクトされ消滅、ミクシィに大痛手か : IT速報という記事にそのあたりの流れがまとめられています。「app storeからモンスト消えてる 何かあった?」という投稿が2015年8月29日18時頃でした。公式にこんなアナウンスがされていました。

さらに、※重要※ 【iOS】「シリアルコード」のご利用停止についてというアナウンスがされます。

iPhoneやiPadなどのiOS端末にて、Apple社からの要請があり、「シリアルコードの入力フォーム」のご利用を停止させて頂きます。

「iOS端末利用停止日程 2015年8月29日(土)18:00頃~」ということで、いかに緊急対応だったが分かります。「モンスターストライク」がApp StoreからBANされたのには、この「シリアルコードの入力フォーム」に原因があったようです。

なぜ「シリアルコードの入力フォーム」が問題であったかは、【山本一郎】モンスターストライクがApp StoreからBANされた件につきまして - 4Gamer.netでまとめられています。「適法性が微妙視される行為がオンパレード」ということですが、特に「ユーザーがAppleの課金システムを通さずに外部の決済システムからコードを購入できるようになる」ということで規約違反のBANとなったようです。

元々はアプリ内にあった入力フォームをウェブ経由にするなど手は打ったのですが、結果的に「デベロッパとして規約違反逃れであると判断」されたというのが大きいようです。そのため、mixiは迅速にiOSから「シリアルコードの入力フォーム」を利用停止にしたという訳ですね。

すぐにアプリが復活して良かったですね、しかし。週末の間に戻りましたもんね。