「ちょっといい話」としてのイジメ:日経ビジネスオンライン

ごらんのとおり、「いじめ」は、加害者にとっては「武勇伝」であり「良き思い出」なのであって、多少は反省しているにしても「やんちゃなオレ少年の腕白脱線エピソード(テヘペロ)」ぐらいの路線から外に出ることは無い。

東北楽天で打撃コーチが辞任。球団オーナーが現場介入したら……。(1/3) [プロ野球亭日乗] - Number Web - ナンバー

試合前に大久保監督が先発オーダーを作ると、必ずそれをオーナーにファックスで送るのが決まりで、それを見たオーナーが赤ペンを入れてくるという。しかも、試合中にも選手交代、代打の起用などを電話で指示してくる。その事実がコーチ陣だけでなく選手の間にも広まって、現場は不信感で揺れている。

70年マッターホルンで遭難、邦人男性の遺骨発見 - 社会 : 日刊スポーツ

バレー州警察によると、昨年9月上旬にマッターホルンの標高約2800メートルの地点で登山者が骨を発見。DNA鑑定などを進めた結果、今年6~7月に2人のものと判明したという。2人は70年8月18日に遭難が報告されていた。

サンリオピューロランドのボートライドで男児指骨折 - 社会 : 日刊スポーツ

ボートが一時停止する地点で5歳だった男児が水路に手を出し、ボートを停止させるための金属製ストッパーに指を挟んだとみられる。

ハリルホジッチ監督、炎天下でお説教13分58秒 - 日本代表 : 日刊スポーツ

この惨状に前日まで弱音ばかり吐いていた指揮官も一変。アップを終えた武藤を呼びつけ、通訳を介して個人指導。「1試合走り切る体力をつけないと」。筋力などの数値を見せ、クラブへ帰って行うトレーニングの「宿題」を提示した。

自民・武藤議員に直撃!「利己的発言の真意」 | トレンド | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

ネットで話題になっている、炎上しているということだけで、マスコミも加担して騒ぎ立てる構造が、最近のネット炎上のパターンだ。そろそろこうした「言葉のリンチ」はやめたらどうか。

高須克弥氏 過去のイジメられていた経験を振り返り撃退法を告白 - ライブドアニュース

父に“全て責任を取るからやってこい!”と言われ、僕はバットを持って死ぬ気で立ち向かったら“かっちゃんは死ぬ気で向かってくるヤバイやつ”というレッテルと引き換えに、いじめから逃れました。

電気柵感電事故で設置の男性が自殺 - 47NEWS(よんななニュース)

静岡県西伊豆町の川での電気柵感電死亡事故で、柵を設置した男性(79)が自宅の敷地内で自殺したと県警。

姿は「レタス」名は「女の子」武器は「食べ物の遺伝子を自分に組み込む能力!?」という全方位すごい生物が話題 - Togetterまとめ

まるで「海で泳ぐレタス」。ソーラーパワーで動くウミウシ、"エリシア・クロロティカ"がついに紹介された。

太陽光と"藻”から吸収した葉緑体で自らのエネルギーを生産する、実にエコな生き物。

海外在住の日本人ができる仕事はこんなにある!自分だけの「ナリワイ」をつくりましょうよ。 | 両角達平

なんとなく私たちの頭の中には仕事をするということは、毎月固定の給料が出る会社で働くという考え方がありますね。しかしそうではなく、仕事はもっと多様なものなんだと。もうなんでもいいから、仕事にしてしまえと。それで意外と食ってけるよ、ってことなんですね。