4785717130

2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場になる「新国立競技場」の整備に充てるため、ネーミングライツの売却を検討していることを下村博文文部科学相が明かしたそうです。新国立命名権で200億円調達 文科相が検討という記事になっていました。

下村博文文部科学相は29日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の整備費に充てるため、命名権(ネーミングライツ)の売却を検討する考えを示した。

「整備費2520億円はやはり高い。民間からの寄付を含め、できたら200億円くらいは集めたい」ということで、ネーミングライツだけで200億円ということではないようですね。考えてみれば、確かにネーミングライツだけで200億円は高いです。

ところで「新国立競技場」が「ネタフルスタジアム」みたいな名前になったとして、オリンピックの時にはそのように公式に呼んでもらえるのでしょうか? そうだとすれば「キヤノンスタジアム」とか「アップルスタジアム」とか「ヤマダ電機スタジアム」とか、とんでもない宣伝効果になりますが。

多額の寄付をしてくれた人のネームプレートを、競技場の壁面に設置することも検討する。

これ自体は良い取り組みだと思います。寄付した人のネームプレートが残ると、スタジアムにも愛着がわきますし。