B00OH3ZU7Y

オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授が発表した「雇用の未来―コンピューター化によって仕事は失われるのか」という論文が話題になっているそうです。コンピューターが取って代わる仕事とはどんなものなのか? オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」702業種を徹底調査してわかったという記事になっていました。

私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです

コンピューターに取って代わられる可能性が90%以上という職業のリストが掲載されているのですが、それを見ると‥‥

・カジノのディーラー

・ネイリスト

・スポーツの審判

・レジ係

・不動産ブローカー

などが挙げられています。なぜ、それがコンピューターによって自動化されるのか、と考えると、なかなか興味深いです。

「コンピューター化の障壁となりうる9つの仕事特性を抽出して―たとえば、手先の器用さ、芸術的な能力、交渉力、説得力など」を抽出して評価しているそうです。

塗装工や銀行の融資担当者、時計修理工など、職人技が必要なんじゃないの、と思うものもコンピューターに取って代わられてしまう可能性があるのですね。人間の職人技が必要なのは、ごく一部ということなのでしょう。

苦情の処理も予想されていますが、クレームする相手がコンピューターになってしまうのでしょうか。