2014 10 01 0821

2014年10月1日から、円安や原材料価格の上昇などにより値上げされる商品が相次ぎます。例えば「スターバックス」「餃子の王将」は、
豚肉や牛乳の価格が上昇しているとして、値上げが行われます。コーヒーなど1日から相次いで値上げという記事になっていました。

円安や原材料価格の上昇などで、コーヒーやギョーザなどさまざまな商品の価格が、10月1日から相次いで値上げされます。

今日から値上げするのは「餃子の王将」「スターバックス」「キーコーヒー」「雪印メグミルク」「王子ホールディングス」「日本製紙」などの名前が上がっています。

「餃子の王将」では、豚肉の価格が上昇しているとして、餃子6個当たりの価格が20円値上げするなどします。「スターバックス」は牛乳の価格が上昇しているとして、ラテなどが10円値上げされるということです。

自分自身ではそんなに利用頻度の高い店ではないので“直撃”ということはありませんが、利用頻度の高い人にとっては「チリも積もれば‥‥」ということになりそうですね。

原材料の価格上昇なので致し方ない気もしますが、一頃であれば「企業努力で‥‥」みたいな風潮の頃もありましたよね。やはり、景気が上向きつつあるから、少々の値上げは大丈夫だろう‥‥みたいな判断もあったりするのでしょうか。