人気再燃、新日本プロレス 親会社交代で売り上げ倍増  :日本経済新聞

「エンターテインメントの世界において、我々が常に実践してきたのはとにかく宣伝に力を入れること。『はやっている感』を打ち出すことが、とても大事なんです」。この作戦は流行に敏感な女性も動かした。若いイケメン選手の売り出しも功を奏し、今やファンの3割は女性が占める。
初音ミクはなぜ世界を変えたのか?[Kindle版]

柴 那典 太田出版 2014-05-15
売り上げランキング : 7
by ヨメレバ

ソニーの”顔”、スマホ失速の衝撃 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

つまり、「Xperia Z」シリーズなどのハイエンドモデルというより、新興国を中心にして、普及価格帯の製品が格安スマホに侵食されているというのが、スマホ不振の実情である。

Apple、「iOS 8」に対応した「Apple TV ソフトウェアアップデート」リリース | Linkman

Appleは、「iOS 8」に対応した「Apple TV ソフトウェアアップデート」をリリースしています。

上京するまでペヤングを知らなかった - 田舎で底辺暮らし

で、いざ食べてみると、可もなく不可もなく、という味。 やっぱり、UFOほどのインパクトはない。

ふーむ、これが関東ではカップ焼きそばの代表なのか。

日清 焼そばUFO 129g×12個

B003CC1TEO

北極圏の氷河、ここ二年間で広く厚く。地球温暖化に疑問の声 | IDEA HACK

これによると氷層は広がるだけなく、氷もより凝縮されたものになってきていることが、紫の範囲が劇的に増えていることから見て取れます。 氷がより厚みを増しているということは、つまり、将来溶けてしまう可能性が低いという重要なことを意味しています。

子供に超人気!5歳のユーチューバー“がっちゃん”はどうやって生まれたか | 東京IT新聞

2歳になるかならないかぐらいのときから、がっちゃんは『ジェットダイスケ』(YouTubeで人気の愛場大介氏)さんの動画を見ていました。いかついサングラスをかけた大介さんという方が、おもちゃやカメラを紹介する動画です。

朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解 | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

理由は簡単です。国際社会では、サンフランシスコ講和を受け入れ、やがて国連に加盟した「日本国」は、「枢軸国日本」つまり、常任理事国でありながら国際連盟を脱退し、更にナチス・ドイツ、ファシスト党のイタリアと組んで第二次世界大戦を起こした「枢軸国日本」とは「全く別」であることを認識しており、そこに一点の疑念もないからです。

「出張ほとんど行っていない」 野々村元県議、カラ出張認める 県警聴取に - MSN産経ニュース

政務活動費で日帰り出張など不自然な支出を繰り返していた兵庫県の野々村竜太郎元県議(48)が、県警の任意の調べに「出張はほとんど行っていない」と供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。

350キロのイカが南極で見つかるwwwwwwww体内に卵を持っている 3つの心臓を持っていた:哲学ニュースnwk

三枚目の写真で大きさわかるな でかいわw

ラーメン1杯で“塩分1日分” スープを全部飲むのは命を縮める行為:哲学ニュースnwk

最近は塩分控えるよりカリウムいっぱいとれっていう方にシフトしてるのよ
年収300万円の残念な働き方 1万人に会って分かった年収の壁を打ち破る方法[Kindle版]

鈴木康弘 翔泳社 2013-01-08
売り上げランキング : 4
by ヨメレバ