4806713457

9月8日に直径20mの小惑星が地球のすぐ近くを通過とNASAが発表 → 衝突の危険性は?という記事を書きました。衝突の危険はないとのことだったのですが、破片が中米のニカラグアに落下していたらしいことが判明いました。小惑星の破片落下か、ニカラグア首都にクレーター出現という記事です。

中米ニカラグア当局は7日、首都マナグア(Managua)で前夜に発生し、大きなクレーターを生み出した謎の爆発について、同日に地球をかすめた小惑星の破片の落下が原因との見解を示した。

爆発があったのはニカラグアの首都のマナグアで、国際空港近くに直径12mのクレーターが出現したそうです。幸いなことに森の中だったそうで、怪我人などはありませんでした。これが街中だったと思うと‥‥恐怖です。

ニカラグア当局は、落下した物体は地球に接近した小惑星「2014 RC」の破片との見方を示しているそうで、地震計には2つの波が観測されたということです。

7日には政府関係者や専門家らが現場を訪れ、検証を行った。

破片そのものが回収できれば、物体の由来も早く分かるのでしょうか。燃え尽きないで地上まで落下してきているということになれば、隕石ということになります。

「矢追純一」に集まる未報道UFO事件の真相まとめ ~巨大隕石落下で動き出したロシア政府の新提言[Kindle版]

矢追純一 明窓出版株式会社 2014-08-26
売り上げランキング : 2200
by ヨメレバ