2013 10 11 1752

2015年に開業する、北陸新幹線の新たな列車名が発表されました。決定したのは「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」です! 北陸新幹線の列車名「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」に決定!という記事になっていました。

東京~金沢間直通列車(速達タイプ)の列車名は「かがやき」、東京~金沢間直通列車(停車タイプ)は「はくたか」、富山~金沢間運転列車(シャトルタイプ)は「つるぎ」に決まり、東京~長野間運転列車(現長野新幹線タイプ)は引き続き「あさま」となった。

富山は2回ほど行ったことがありまして、本当に美味い街です。北陸新幹線が開業すれば、東京から約2時間ですから、大宮からなら1時間半くらいかな? いずれにせよ、北陸へのアクセスが超気軽になります。

これは楽しみ! カワハギの肝が楽しみ!

それぞれの名称は、かつて使われていた名前などでもあるようです。

「かがやき」はかつて、北陸本線・信越本線経由で金沢~長岡間を走る特急列車の名称でもあった。
「はくたか」は現在、ほくほく線(北越急行)経由で金沢~越後湯沢間を結ぶ特急列車に使用される列車名

「はくたか」は特急から新幹線の名前になるのかぁ。

「つるぎ」はかつて大阪~新潟間で運行された寝台特急の名称であり、富山県の立山連峰にある剱岳(つるぎだけ)が由来

富山と金沢間を結ぶ、シャトルタイプの新幹線なんていうのもあるのですねー。

「あさま」に関しては、北陸新幹線が開業後も、東京〜長野間の列車に使用されるということです。

富山の美味しさに関しては「富山旅行」のカテゴリでぜひ!