4488706088

大量の流れ星が見られる「ペルセウス座流星群」が、今年もやってきます! いつ見られるのか? 2013年の極大は8月12日真夜中前後から13日未明にかけてだそうです。

「極大」とは、最も流星群の活動が活発になることです。つまり、8月12日の深夜から13日未明にかけて、たくさんの流れ星が見られるということになります。

国立天文台 | ペルセウス座流星群で詳しく解説されていますので、ポイントをピックアップしておきますね。

・8月12日の真夜中前後から13日の明け方前にかけて特に多くの流星が出現すると考えられる(極大は13日午前3時頃)

・真夜中から明け方まで放射点の高度は高くなり続け明け方に最も高く(放射点は流星がやってくる方向)

・流星群の流星は放射点を中心に四方八方に出現(夜空のどこを見ていても良い)

今年は月の条件も良いそうです。

例えば、東京での月の入りの時刻は、 8月12日が21時15分 8月13日が21時54分 です。

月明かりに邪魔されずに星が観察できるということですね!

20年くらい前になるでしょうか。秩父の正丸峠まで「ペルセウス座流星群」を見に行ったことがあるのですが、あれは本当に凄いものでした。流星“群”というのは、こういうものなのだと。

今年は天気も良いみたいだし、どこかに「ペルセウス座流星群」の観察に行ってみようかな?