A1180 006352

なんというか、驚きというか、ショッキングなのですが、中国では貧しい女性の母乳が闇売買されるなどして社会問題になっているそうです。中国で母乳を闇売買 富裕層が購入という記事になっていました。

中国メディアによると、経済特区広東省深セン市の裕福な男性の間では、働き過ぎによる疲労からの回復や手術後の養生を目的に自分専用の「乳母」を自宅などで雇い「栄養補給」するのがはやっており、1カ月1万5000元(約24万円)で雇った例もあるという。

母乳を売るのは貧しい出身の出産直後の女性たちで、赤ちゃんを親に預けて数ヶ月の出稼ぎ生活を送るのだそうです。

かつて特権階級が薬として母乳を飲んでいたとされ、ステータスシンボルとして今も残っているようですが、中国国内でも批判は相次いでいるようです。

なんというか、想像もしていなかった斜め上のニュースなのですが、母乳は赤ちゃんに飲ませてあげた方が良いですね。

こうした富裕層が母乳を飲むのとは別に、闇売買される母乳もあるのだとか。中国では粉ミルクが汚染されていた事件がありましたから、こうしたマーケットができてしまうのですね。