A1380 000561

昔は平気で触れたのに、大人になったら‥‥というものもありますし、そもそも生理的に受け付けない、というものもありますね。↑のイメージ画像、大丈夫ですか? 素手で触るのが嫌なものランキングです。

思わず「ゲーッ!」と叫んでしまうほど不気味な感触。絶対に素手で触るのが嫌なものって、人それぞれありますよね。あとで入念に洗えばいいとは思っても、我慢できないものです。

そうなんですよ。「あとで入念に洗えばいい」と分かっていても、嫌なものは嫌なんです!

とりあえず、ぼくの場合は昆虫ですね。子供の頃はあんなに大好きだったカブトムシやクワガタムシも、できることなら触りたくないです。なぜ固いんだ。

さ、気を取り直してというか、思い出して鳥肌が立つかもしれませんが、ランキングです。

1位 虫

2位 排水溝のヌメリ

3位 汗をかいている人の肌

4位 便座

5位 お父さんの靴下/パンツ

6位 生温い電車のつり革

7位 生魚

8位 水で濡れているドアノブ

9位 他人の髪の毛

10位 トイレのレバー

ゾゾゾゾ〜。

「お父さんの靴下/パンツ」が5位とかひどい!!

それはさておき、やはり「虫」が1位ですか。「排水溝のヌメリ」も分かるな。ゴム手袋して掃除したいです。

つり革とか便座とかトイレのレバーとか、潔癖症の人には耐えられないかもしれませんね。

あ、生魚はぼくは平気ですよ。いわゆる食べる魚なら。