4022589116

「サザエさん」原作者の長谷川町子が住んでいたということで、世田谷区桜新町にはサザエさん像が設置されています。このサザエさん像が、課税対象になっていることが明らかになりました。

世田谷のサザエさん像が課税対象にという記事になっています。

桜新町は原作者の故長谷川町子さんが住んでいたゆかりの地。漫画誕生から65周年となる2011年に「桜新町商店街振興組合」が企画。昨年3月に東急桜新町駅周辺にサザエさん一家の銅像12体を、都と区の補助金を含め4200万円をかけ設置した。

サザエさん像は全部で12体。4,200万円というのは、けっこうお金もかかっているのですね。資産ですね。

設置されたのは2012年3月、そして納税通知書が2013年6月に届いたそうで、その金額が589,200円です。けっこうな金額ですね、これは!?

都主税局によると、宣伝目的の銅像は各店舗の看板などと同様、事業用の資産として扱われ、固定資産税の対象。

こうした銅像が数多く誕生していますが、自治体が所有者の場合は非課税になるのだそうです。上野の西郷さんも非課税です。

今回はサザエさん像を自治体に寄付するという方法が取られるのでしょうか。でも、管理をどうするのかとか、クリアすべき課題もありそうです。

ぶっちゃけ税理士岩松正記氏( @iwamatsumasaki )に、サザエさん像に関して伺いました!

「課税は補助金で作られた像であれば当然。みんなの浄財で作られたのであれば文句も言えますが、税金で作られた民間のものであれば課税は止むを得ないのでは。亀有の両津勘吉像は区に所有権を移転しており、こちらは非課税です。サザエさん像も寄付するという選択肢があるかもしれません」

「公共性」や「美術品」と認められれば税金がかからないこともあるようですが、サザエさん像に関しては商店街の振興のためのものですから、どういう判断が下されるでしょうか。

サザエさん (1)

4022609516

【新版】フリーランス、個人事業、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。

4478023182