4905369363

ちょっと、そんなに埼玉県が褒められちゃっていいの!? という記事があったんですよー。埼玉県て特徴のない県ですからね‥‥でも、埼玉の時代がくるー!?

なぜ、埼玉出身の飲食・流通企業は好調なのかというのが、その記事です。

衣料品の「しまむら」、ラーメン店の「ハイデイ日高」、スーパーの「ヤオコー」……。これら好業績企業の共通点は、埼玉で生まれたことです。埼玉企業はなぜ元気か。実は、きちんとした裏付け理論があります。

そうなのね‥‥埼玉企業は元気なのね‥‥。「マルエツ」もそうですって。

法政大学経営大学院の小川教授が解説してくれています。

・ベッドタウンとして人口の多い地域である「半径80キロメートル理論」

・関越/上信越/東北/常磐の各高速自動車道に直結&外環道と圏央道もある「物流の要理論」

・都会でもド田舎でもなく土地も安い「中途半端な田舎理論」

・ガツガツしない県民性の「ほどほど理論」

えーと‥‥これって褒められているんですよね??

横浜発のハイセンスなものなら都市部には支持されても、田舎町では受け入れられません。時にダサいなどと揶揄される埼玉ですが、ここが日本の縮図であり標準なのです。埼玉で成功すれば、全国で成功できるでしょう。

要するに、特徴らしい特徴がないのが良い、それが埼玉県の特徴ということなんでしょうか。掴み所のない県。

帝国データバンクによる出身地別の社長輩出数では、埼玉は全国で最下位。思えば、「カリスマ社長」的存在もいません。しかし大出世しなくても、彼らは総じて協調性が高く、ソツがない。中間管理職にぴったりです。

中間管理職な県、それが埼玉県!

「ダサくない!埼玉のすごいところランキング」を見て少し悲しい気持ちになりましたが‥‥とか、「埼玉県といえば?」ランキングぅといった記事も書きましたが、特徴らしい特徴がないのが、埼玉県の特徴かもしれませんね。

どんな色にも染まっちゃうの、それが埼玉県です。