2012 10 31 1256

「角田被告の顔写真は私」=別人が名乗り出る-読売掲載、共同も配信・尼崎連続変死という記事がありました。別人の写真が、尼崎連続変死事件の角田美代子被告のものとして配信されてしまっているようです。

兵庫県尼崎市で起きた連続変死事件に絡み、角田美代子被告(64)=傷害致死罪などで起訴=として読売新聞に掲載された顔写真について、同市在住の女性(54)が30日夜、大阪市の弁護士事務所で記者会見し、「掲載された写真は私」と名乗り出た。

読売新聞の他、共同通信社も同じ写真を配信しているということです。

写真は女性が1993年4月に撮影したもので、長男の入学式でのものだそうです。この写真を提供したのは角田美代子被告の長男の同級生の母親ということで、記憶が曖昧になっていたのでしょうか。

この女性は、角田美代子被告に関しては記憶にないとしているそうです。

女性や同席した弁護士によると、女性は23日、購読している読売新聞に美代子被告として掲載された事件関連記事の顔写真を見て、「自分に似ている」と思った。その後にテレビでも同じ写真が放映され、「私と確信した」という。

まさか自分の顔写真が世間をにぎわすことになろうとは思ってもみないでしょうから、それは驚いたことでしょうね。周囲にも気付いた人はいたのでしょうか。

共同通信社は「同被告かどうかの確認作業をした上で配信した」ということですが、どういう確認作業だったのでしょうか。

角田美代子被告を知っている人の話として、写真が違う、なんていうのも見かけましたが、やはり本人のものではなかったのですね。