A0001 016922

こういう記事を読むにつけ、日本語って難しいなぁ、なんて思うのです。言葉の意味は時代によって変わるとはいえ、一応は知っておいた方がいいですよね。ということで、おそらく半数以上の人が意味を勘違いしているビジネス用語 - NAVER まとめをご紹介しておきます。

英語のビジネス用語より、日本語のビジネス用語のほうが、意味を勘違いして間違った使い方をしているものが多いんです。そこでそらく半数以上の人が意味を勘違いしている言葉を調べてみました。日本語って難しいですね。

ビジネス用語としてもそうですが日本語としても要注意、ですね。

例えば「しおどき」はどうでしょうか。「そろそろ撤退しないとヤバい…などマイナスなイメージで使うのは間違い」で「物事をするのにちょうどよい時」という意味です。

では「御の字」はどうでしょうか。「妥協して納得する意味」ではありませんよ! 「大いにありがたいこと」です。

「情けは人のためならず」や「気が置けない」などは、試験などにもよく登場するので、分かりました。

でも「なし崩し」は完全に意味を取り違えてましたね‥‥。「物事を少しずつ済ませていくこと」だそうです。

興味のある人は、もとの記事でご確認ください。

ネタフルでも色々と書いていますよ。

「げきを飛ばす」誤解7割

「煮詰まる」の本当の意味はナニ?

日本語の語彙力が低下中

「エイヤー」は「だいたい」という意味

「ミーハー」の意味とは?

「怠惰ってなに?」日本語の理解力が落ちている?