A0017 000009

「まったり」「がっつり」多用=20~30代の半数超―「にやける」正解は1割台という記事がありました。ぼくも「まったり」「にやける」を間違えて使っていたことが判明しました‥‥。

20~30代の6割以上が「ゆっくり、のんびりする」の意味で「まったりする」を使い、7割の人が「にやける」(なよなよしている)の意味を取り違えていたことが20日、文化庁の国語に関する世論調査で分かった。

まさに、間違えて使っていた方に入ります。

「まったり」の意味は?

「まったり」といったら「のんびり」という意味だと思って使っていたのですが、本来の意味は違ったようです。

まったり - Wikipediaによると、元々は「柔らかさのなかにコクがある様子、重みがあって奥行きのある様子をいう言葉」で、味覚に対して用いられていたのだとか。

確かに「まったりした味わい」とか言うかも。

「にやける」の意味は?

そして「にやける」ですが、こちらは「薄笑いを浮かべる」ではなく「なよなよしている」が本来の意味だそうです。

えーーーっ!

「にやける」は「にやにやしている」だと思ってしまってました。「にやけてんじゃないよ!」は「なよなよしてんじゃないよ!」ってことですか。

「にやける」を漢字で書くと「若気る」となります。語源としては、鎌倉・室町時代に男色を売る若衆を「若気(にやけ)」と呼んだことからきているそうです。

ただ「言葉は変わっていくので、全て誤用と言い切れない」ということなのですね。

「割愛」も事例として出てまして、こちらも「不要なものを捨てる」ではなく「惜しいものを手放す」だそうです。止むに止まれず、みたいな雰囲気が入るのですね。

きちんと言葉の意味を知るのは面白いですなぁ。

ちなみに、ネタフルでは「煮詰まる」の本当の意味はナニ?という記事も書いてました。

「ぶぜん」「げきを飛ばす」「煮詰まる」分かりますか? たまに見返さないと忘れちゃいますね。