大きな地図で見る

オラクル社のCEOがハワイの島購入、自然や海洋に情熱というニュースです。購入したラナイ島は、ハワイで6場面に大きな島だそうです。

(CNN) 米ハワイ州のニール・アバクロンビー知事は21日までに、ソフトウエア大手の米オラクル社のラリー・エリソン最高経営責任者(CEO)が同州ラナイ島の土地の98%を購入したと発表した。

ラリー・エリソンCEOは企業から権利を購入したそうです。これはどうやら「Doll」みたいですね。ラナイ島は、かつては世界のパイナップル生産量の75%を占める産地だったそう。

島では島民3,200人の約半数が「Doll」が働いており、今後はソーラーファームの建設が進められるということで、そちらで働くことになるのでしょうかね。

ハワイ州の知事は「彼の自然、特に海洋への強い思いは、ヨットレースの最高峰アメリカズカップへのかかわり方でも有名だ」とコメントしています。ウェルカムという感じでしょうか。

オラクルCEO、ハワイの島を約400億円以上で購入 | ガジェット速報によると、購入金額は400億円以上と伝えられているみたいですね。

■関連記事

ハワイで6番目に大きいラナイ島、オラクルCEOが購入へ - Bloomberg

面積141平方マイル(約365平方キロメートル)のラナイ島は現在、資産家デービッド・マードック氏率いるキャッスル・アンド・クックが保有。同社がハワイの公共事業委員会に売却の暫定承認を求めて提出した申請書によれば、2つのリゾートホテルやゴルフトーナメントを開催できる2つのチャンピオンコースとクラブハウス、住宅用開発地600エーカーを含む8万8000エーカー余りの土地、太陽光発電所なども売却対象となる。